「iPhone 7 / 7 Plus」の新たなCAD画像が流出 イヤホンジャックは廃止か

iphone7leaks

先日から、フェイクを含む様々なリーク画像が登場し、情報が錯綜している「iPhone 7」だが、また新たなリークと思われる画像が公開だ。

本日、uSwitchは「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」と思われるCAD画像を公開しているので詳細をお伝えする。

イヤホンジャックが廃止され、「iPhone 7 Plus」にはデュアルレンズカメラが搭載

uSwitchによると、このCAD画像は「iPhone」シリーズの筐体などを製造しているCatcher Technology社から流出したものだ。

iPhone 7 Plus CAD画像[ image via uSwitch ]

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」で大きく違うのは背面のiSightカメラだ。「iPhone 7」は、現在のiSightカメラよりもレンズが少し大きくなっているくらいだが、「iPhone 7 Plus」はカメラ部分が大きく横長になっている。

「iPhone 7」シリーズは全体的にカメラ性能が向上し、そして「iPhone 7 Plus」はやはりデュアルレンズカメラが搭載されることになりそうだ。ちなみに、カメラ部分は「iPhone 6s / 6s Plus」のように出っ張るようだが、レンズ周りのリングはなくなるようだ。

iPhone 7 CAD画像[ image via uSwitch ]

また、「iPhone 7 /  7 Plus」どちらの画像でも、廃止は見送られたのではないかと噂されていたイヤホンジャックがなくなっていることが分かる。さらに「iPhone 7 Plus」のみ、背面下部にはこちらも搭載を見送ったと噂されていた「Smart Connector」の端子が。

このCAD画像は今年の1月に作成されたもので、情報が少し古い可能性があり、「Smart Connector」や「デュアルレンズカメラ」などの仕様については変更されている可能性もあるとのこと。

ただ、「Smart Connector」の端子に関しては、もしかすると「iPhone 7」には搭載しないが、「iPhone 7 Plus」には搭載するという決定をAppleは下したのかもしれない。

ちなみに「iPhone 7 / 7 Plus」のサイズについては、「iPhone 6s / 6s Plus」とほぼ変わらないとのことだ。

[ via uSwitch ]

iphone7leaks
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう