新型「iPhone」の金型が公開される やはり「Smart Connector」の搭載はない模様

今年の秋に発売が予定されている「iPhone 7」については、先日から多くのリーク画像が公開されており、同端末には「4つのスピーカーグリルが搭載される」「256GBのストレージが用意される」などと今までにない新情報が飛び交っている。

最近では、どのリーク情報が正しいのか分からない状態になってしまっているわけだが、HDBlogによると、中国のWEBフォーラムBaiduで「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の金型が公開されているので詳細をお伝えする!

「iPhone 7 / 7 Plus」の両モデルで「Smart Connector」が搭載されていない

iPhone 7 / 7 Plus[ img via 9to5Mac ]

こちらがBaiduで公開された「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のものとみられるアルミ用の金型だ。これを見ると、両モデルの背面部分に「Smart Connector」用の穴が開けられていないのが確認できる。

また、設計図のようなものも公開されていて、これらもやはり「Smart Connector」用の穴が開けられていないのが分かるはずだ。

噂のデュアルレンズカメラについては、左の金型から4.7インチモデルでは採用されず、やはり5.5インチモデルの「iPhone 7 Plus」で採用されることになりそうだ。

iphone-7-plus-molds

今回のリーク画像は中国のサプライチェーンの一部から漏れた情報であるとのことだが、残念ながら、この金型がいつごろ作成されたものなのか、また現在の開発段階で使用されているものなのかどうかは定かではないし、結局のところ今回のリーク画像が本物なのかどうかも分からない。

ただ、最近の噂では「Smart Connector」が搭載されない仕様に変更されたと言われていたことから、仕様変更後に作られたものである可能性がある(もしかしたらこの金型が作成されてから「Smart Connector」用の穴が開けられる可能性もあるが)。

iPhone 7

ちなみに現状の噂で有力なのは、「iPhone 7」シリーズは「iPhone 6s」シリーズとそこまで大きな変化がなく、カメラ性能が引き上げられるほか、「iPhone 7 Plus」モデルのみがデュアルレンズカメラを搭載すると言われている。

その他、「ヘッドフォン端子の廃止」や「Smart Connector端子の搭載」も噂されていたが、これらは見送られた公算が高まっている状況だ。

[ via 9to5Mac ]

iPhone 7 / 7 Plus
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう