「iPhone 7 / 7 Plus」の新レンダリング画像が公開 ほぼ現状の噂通りの筐体に

先日、「iPhone 7」のゴールドモデルを撮影したとされる画像が公開され、これまでのリーク画像のものと比べてかなり作りが精巧であることから本物なのではないかと話題になっていたが、さらにそれを裏付けるようなレンダリング画像がNowhereelse.frで公開されているので紹介する。

これまでの噂を覆すような大きな違いは見つからず

iphone-7-new-img_1

今回公開されたレンダリング画像を見ると、以前からの噂通り、アンテナラインが排除されており、背面のiSightカメラ部分には「iPhone 6s / 6s Plus」のものより大きなカメラが入るような穴が空いている。

iphone-7-new-img_4

iPhone 7 Plus」とされる画像の背面には、デュアルレンズカメラが搭載されるような大きな穴が。最近では、デュアルレンズカメラは技術的な問題がクリアできずに搭載が見送られたという噂もあれば、すでに仕様を変更するのは難しいのでこのまま搭載されるという噂が混在している状態だ。

今回の画像を見る限りは、デュアルレンズカメラが搭載されるような雰囲気ではあるが、果たしてどうなるのだろうか。

iphone-7-new-img_3

そして、こちらは筐体の下部の画像だ。ヘッドフォンジャックが廃止され、代わりにその部分にはスピーカーグリルがあることから、ステレオスピーカーが搭載される可能性がある。

iphone-7-new-img_2

こうして見てみると、やはり「iPhone 7 / 7 Plus」は「iPhone 6s / 6s Plus」に比べて外見上は大きな変化はなく、AppleのCEOティム・クック氏が言っていた「生きていく上で必要不可欠な機能」とやらも詳しい情報が一切ないことから、「iPhone」は低迷が続きそうな予感だ。

「iPhone 7 / 7 Plus」が発表されると言われている9月まであと2ヶ月ほど。一体どのような「iPhone」が登場するのか、今後の情報に注目だ。

[ via Nowhereelse.fr ]

iphone-7-new-img_2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう