「iPhone 7 / 7 Plus」はセンサー類の仕様や配置が変更に 既存の保護フィルムは使用不可か

iphone7prolendering4

最近の情報では、「iPhone 7 / 7 Plus」の外見は「iPhone 6s / 6s Plus」から大きな変更はなく、全体としてマイナーアップデートに留まるという説が有力になってきており、昨日も「iPhone 7 / 7 Plus」はヘッドフォンジャックが廃止される程度の小規模なアップデートに留まるとWSJが報じていた。

しかし、その小規模なアップデートの中には細かな変更が多数含まれ、既存のアクセサリーが使用できなくなるかもしれない。Macお宝鑑定団Blogによると、「iPhone 7 / 7 Plus」の前面にあるセンサー類の仕様や位置が変更される可能性があるようだ。

センサー類の仕様や位置が変更されることで、既存の液晶保護フィルムは使用不可に

Macお宝鑑定団Blogは、Alibaba.comの複数の液晶保護フィルムメーカーが、「iPhone 7 / 7 Plus」のセンサー類の仕様や位置が変更されている可能性を考慮し、現在受注を取り止めていることを報じている。

メーカーの情報では、前面側にある近接センサーはデュアル仕様に変更となっており、横の環境光センサーは右側に移動してレシーバーも少し長くなっているとのことで、既存の「iPhone 6s / 6s Plus」用の液晶保護フィルムが流用できない可能性があるようだ。

iphone7case-macrumors3

これまでの情報でも「iPhone 7 / 7 Plus」の背面のiSightカメラが変更されるという噂があり、もし変更となった場合は既存の「iPhone 6s / 6s Plus」用のケースを流用することができなくなってしまう可能性があった。これに今回の液晶保護フィルムも流用できないとなると、「iPhone 7 / 7 Plus」は「iPhone 6s / 6s Plus」とサイズは一緒なのに、専用のケースや保護フィルムが必要ということになる。

一部のアクセサリー関連のメーカーは、製品の発売前からある程度アクセサリーの生産の準備を始めているものだとは思うが、「iPhone 7 / 7 Plus」は現在のところ製品の仕様に関しての情報が錯綜しているということもあるため、発売されてすぐは専用のケースや液晶保護フィルムなどの入手は難しいかもしれない。

[ via Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] ]

iphone7prolendering4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう