「iPhone 7」、また新たなリーク画像が登場!存在感のある大きなカメラが特徴

iPhone 7」に関しては、先日からリーク画像が相次いで公開されており、信用できそうなものやそうでないものまで様々だ。

これだけ多くのリーク画像が登場してくると、どのリークが本物なのか見分けが付けづらいわけだが、本日もNowhereelse.frが「iSight」カメラが特徴的なリーク画像を公開しているのでご紹介する。

iSightカメラが大きく、しっかりと突起しているのが特徴

iPhone 7

今回のリーク画像では、背面のアンテナラインが廃止され、iSightカメラは大きく、しっかりと突起しているのが分かる。デザイン的には「iPhone 6」や「iPhone 6s」のアンテナラインがなくなったような外見だ。

アンテナラインがなくなったことでかなり美しい背面になったとは思うが、存在感のあるiSightカメラがそれを台無しにしてしまっている。iSightカメラを強調するような突起も「目」のように見えてなんだか怖い。

これまでの噂だと、iSightカメラの性能が格段に向上する可能性が高い「iPhone 7」。性能の向上のためにはカメラサイズが大きくなってしまうのは理解できるが、個人的には「iPhone 7」の背面がこんなデザインになってしまったら、ちょっと買うのをためらうレベルだ。

iPhone 7

最近、「iPhone 7」のリーク画像が様々なメディアから公開されているが、僕が度々気になっているのはiSightカメラのデザインだ。「iPhone」と言えばスマートな外見が特徴だが、最近の「iPhone 6s /6s Plus」や9.7インチ「iPad Pro」では、iSightカメラがきちんと筐体に収まらず、そこだけ出っ張ってしまうという不恰好なデザインになってしまっている。

「iPhone」は年々薄くなっており、高性能なカメラを載せるとどうしても出っぱらざるを得ないという事情は分かるのだが、今までのようなスマートな外見をもう一度拝むことはできないものなのだろうか。

あまりカメラ部分のデザインを気にしないという人も多いようだが、僕としてはAppleには細部までしっかりこだわって欲しいと思う。

[ via Nowhereelse.fr ]

iPhone 7
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう