やはり「iPhone 7」シリーズには感圧タッチ式ホームボタンが搭載されるかも いよいよiPhoneは完全防水スマホに?

先日、「iPhone 7」シリーズには感圧タッチ式ホームボタンが搭載される可能性があることをお伝えしたが、どうやらそれは本当に実現することになりそうだ。

Business Insiderによると、Cowen and Companyのアナリストが、匿名のサプライチェーンから「iPhone 7」に関する情報を入手し、感圧タッチ式ホームボタンが搭載されるようだと伝えていることが明らかになった。

感圧タッチ式ホームボタンが搭載することで完全防水iPhoneの誕生か

iphone7concept0216

つい数日前にも、9to5Macが他の匿名の情報筋から「iPhone 7」は感圧タッチ式ホームボタンを採用する可能性があると報じているように「iPhone 7」シリーズに同機能が搭載される可能性は割と高い。

ただ、個人的に気になるのは感圧タッチ式ホームボタンを搭載する意味があるのかどうか。

先日も解説したが、そもそも「感圧タッチ」機能とは、ディスプレイやボタンなどに「Taptic Engine」と呼ばれるモーターが搭載されていて、それが動作することでユーザーに振動を与える「感触フィードバック」を搭載したものだ。

実際に画面やボタンを押し込むことができるわけではないが、力が加わることで、あたかもユーザーが押し込んだかのように感触を伝えることができる。つまりユーザーは物理的にはボタンを押し込むわけではなく、あくまで押しているように感じるだけだ。

もちろん押されていることを「iPhone」側は認識するわけだが、これを導入したとしても劇的にiPhoneの操作が変わるようには思えない。

magic-keyboard-magic-trackpad-2-magic-mouse-2

現在、MacBookのトラックパッドや、「Magic Trackpad 2」など感圧タッチ機能が採用されているが、押し込むことで辞書をクイック起動したりと、あくまでアディショナルな機能として存在するもので、なくてはいけない必須の機能ではないはずだ。

ただ、同機能が「iPhone」に搭載されるとなると話は別で、ホームボタンが物理ボタンではなくなることで防水性能を高めることができるというメリットがあるだろう。

ここ数年、AppleはiPhoneの防水機能を高める努力をしていることが伝えられている。昨年発売した「iPhone 6s / 6s Plus」も防水を謳ってはいないものの、かなりの耐水性を持つと言われていて、いずれは完全防水仕様になることが予想されていた。

今年発売の「iPhone 7」シリーズはヘッドフォン端子が廃止されることが濃厚なので、いよいよ「iPhone」は完全防水スマホになるのかもしれない。

[ via 9to5Mac ]

iphone7concept0216
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう