やはり「iPhone 7」はイヤホン端子が廃止される程度の小変化 大型アプデは2017年でホームボタンが廃止か

iphone-ad

iPhone 7はヘッドフォンジャックが廃止される模様」。今年に入ってから、耳にタコができてしまうほど聞き続けている噂だが、やはりこの噂は本当らしい。

WSJによると、Appleが今秋にリリースする「iPhone 7」シリーズは、現行モデルの「iPhone 6s」からさほど進化せず、ヘッドフォンジャック廃止や防水性が向上する程度のマイナーアップデートにとどまるようだと伝えているので詳細をお伝えする!

2017年発売モデルは、「Touch ID」内蔵型有機ELディスプレイ搭載でベゼルレスデザインを採用?

今年は2年に1度の「iPhone」の大型アップデートの年で、以前は「iPhone 7」は大きな進化を遂げるだろうと言われていたが、最近では「iPhone 7」は現行モデルからさほど進化しないマイナーアップデート程度になると噂されている。

情報筋によると、Appleは次期「iPhone」に搭載する最新機能の準備が間に合っておらず、結局は現行モデルとほぼ変わらないデザイン・機能になっているとのことで、ラインナップも今までの噂通り、4.7インチモデルと5.5インチモデルの2モデルラインナップとなり、メジャーアップデートは来年発売になるモデルで行われるだろうと伝えている。

iphone-7-deep-blue-img_4

ここまでは今までの噂を総括したにすぎないのだが、実は今回の情報の中に一つ気になるものがある。それは2017年に登場する新型モデルがベゼルレスデザインを採用した端末になり、「Touch ID」を内蔵した有機ELディスプレイが搭載されるということだ。

これは、Appleの最高デザイン責任者のJony Ive氏が「iPhone」のおもて面の全面ガラス化を希望しているからで、Appleは、「Touch ID」をディスプレイに内蔵することでホームボタンを排除し、おもて面を全てディスプレイにする可能性があるとのことだ。

iPhone-7-1

これらが実現するかどうかは今の段階では判断しかねるものだが、Appleは以前からホームボタンをディスプレイに埋め込む研究を行っており、特許も複数取得していることから実現する技術は持っているはず。

あとはディスプレイに搭載された時に問題なく使えるかどうかが問題になるのだが、「iPhone 6s / 6s Plus」で導入された「3D Touch」機能や「iOS 10」で導入される予定の「Raise to wake」などの機能のように、ホームボタンを押さずして「iPhone」を操作することが簡単になり始めていることから、Appleがホームボタンの廃止を目論んでいると聞いても全く違和感はない。むしろディスプレイが大きくなるのであれば、それは歓迎したいところだ。

iPhone 7 Pro

何はともあれ、やはり「iPhone 7 / 7 Plus」は、「iPhone 6s / 6s Plus」から大きく進化することはなさそうだ。これを聞くと毎度かなりガッカリするのであまり聞きたくないのだが、この噂が濃厚なのは揺るぎない。

そうなると本当に楽しみなのは来年発売の「iPhone 8(仮称)」。一体、どんな新機能が追加されるのだろうか、今からすでに楽しみだ。

[ via MacRumors ]

iPhone-7-1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

コメント一覧

  1. Chapple より
    2016-06-23 21:11

    iPhoneからホームボタンをなくしたらそこらへんのダサいスマホになるから絶対にやめてほしい
    あとマイナーアップデートになるってことはiPhone7という名称になるのは少し考えにくい
    iPhone6seとかiPhone6s2とかになんじゃね?