「iPhone 7」が圏外になる問題で、Appleは無償修理プログラムを提供開始

「iPhone 7」が圏外になる問題に対し、Apple同端末の無償修理サービスを開始することを発表した。

同問題は、一部の「iPhone 7」でメインロジックボードのコンポーネントが故障してしまうことで、電波状況が「圏外」と表示されてしまうというもの。対象のiPhoneをお持ちの方は、誰でも無償で修理することが可能だ。

問題が確認されているのは、2016年9月~2018年2月までに製造された「iPhone 7」のうち、中国、香港、日本、マカオ、アメリカで販売された端末。日本で販売されたiPhoneのモデル番号は「A1779」。そのほかの国で販売された端末のモデル番号は以下の通りとなっている。

モデル番号 国/地域名
A1660, A1780 中国
A1660 香港
マカオ
米国 (プエルトリコと米領ヴァージン諸島を含む)
A1779 日本

ちなみに、同問題を有償で修理したユーザーに関しては、Appleからのメールから返金手続きが可能であるとのこと。もし、メールが2018年3月末までに届かない場合は、Appleに問い合わせて欲しいとのことだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。