来年発売の「iPhone 7s」は全面がガラス製の筐体になるかもしれない? 有機ELディスプレイも搭載か

今年発売になる「iPhone 7」の登場を心待ちにしているユーザーは非常に多いと思う。しかし、残念ながら「iPhone 7」のデザインは、現行モデルからそこまで変更がなく、僕らが期待しているような大型アップデートは行われないと言われている。

今まで2年に一度だったアップデート時期は3年間隔に延びたのかどうかまでは分からないが、KGI Securitiesのアナリストによると、2017年発売の「iPhone 7」は「全面ガラス」製の端末になる可能性があると伝えている!

全面ガラス製の筐体で、有機ELディスプレイを搭載

iphone5s-6s1

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の新しいレポートによると、今年発売になる「iPhone 7」の筐体は「全面ガラス」製になる模様で、有機ELディスプレイを搭載した新デザインを採用するようだと伝えている。

「全面ガラス」製と言われても正直イメージしづらいと思うが、「iPhone 4 / 4S」をイメージしてもらえればわかり易いだろう。「iPhone 4 / 4S」は、金属の筐体を2枚の強化ガラスで挟むようなデザインをしていたが、おそらく、「iPhone 7s」もそんな感じ。

Kuo氏もどのようなデザインになるかは分からないとしているが、金属素材を採用しない以上、今のデザインと大きく異なる形状になるのは間違いなさそうだ。

iphone6sshot

「全面ガラス」が採用されることで一番心配なのは、地面に落とした時に割れやすくなるかもしれないということ。現行モデルだったら地面に落として割れるのはディスプレイ部分だけなので最悪ディスプレイさえぶつけなければバキバキに割れることはない。

ただ、ディスプレイ以外もガラス製になれば、落としたところが割れてしまうリスクが発生する。個人的には「iPhone 4 / 4S」世代の端末は大好きなのだが、落として壊してしまう人が続出しそうなだけに少し複雑な気持ちだ。

同アナリストは、先日も「iPhone 7」はケース素材にガラスを採用すると報告している。この理由としては、Appleを含め複数のスマホメーカーはアルミ素材を使用していることが多く、他社との差別化のためにガラス製を採用するのではないかと伝えている。

また、「iPhone 7s」では有機ELディスプレイが採用され、電池持ちの改善や画面性能の向上が期待できるとのこと。先日、Appleは「iPhone 7s Plus」用有機ELディスプレイの供給について、サプライヤーと契約を結んだと報じられたように粛々と次世代「iPhone」の準備が進められている。

大型アップデート時期が今年でないのが残念なのだが、大型進化した「iPhone」の登場には今から非常に楽しみであります!

[ via 9to5Mac ]

iphone5s-6s1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう