iPhone 9(iPhone SE 2)は4月15日に発表、4月22日に発売か

COVID-19(新型コロナウイルス感染症) の影響で発売が遅れている 「iPhone 9」 もしくは 「iPhone SE 2」 は今月15日にいよいよ発売か。ここ最近多くのリーク情報をもたらしている著名リーカーJon Prosser(@jon_prosser)氏が現地時間31日、新型iPhoneに関する情報を提供した。

iPhone 9の発表は現地時間4月15日か

同氏によれば、Appleは 「iPhone 9」 の発売時期について社内で会議を重ねてきた結果、昨日の会議において4月15日(水/現地時間)に本製品を発表することを仮決定したとのこと。さらに同日に発表した場合、ユーザーへの出荷は4月22日(水/現地時間)に開始されるという (ただし、Jon Prosser氏は新型コロナウイルスの影響次第ではふたたび発売が伸びる可能性についても言及している)。

同氏は過去いくつかリーク情報を的中させたことがあるが、一方でリーク実績が少ないだけでなく不正確な情報を提供したことがあるため、今回のJon Prosser氏の情報が本当かどうかは現時点では不明。

ただし、新型コロナウイルスの影響で情報が錯綜していることもあってか、信頼できるリーク元が沈黙している状況が続いていることから、現状では同氏の情報が最も頼りになるという状態だ。もし彼の言うことが本当であれば今月半ばまで新型iPhoneが披露されることはないだろう。ちなみにJon Prosser氏は、つい先日、AppleがiPhone 9の大量生産を開始したばかりであると伝えていた。

「iPhone 9(iPhone SE 2)」 はiPhone 8をベースにしたエントリーモデルになる予定。4.7インチの画面を搭載し、本体下部にはホームボタンが搭載。ホームボタンには指紋認証センサー 「Touch ID」 が内蔵されているという。ホームボタンは物理式のものではなくソリッドステートタイプで、ホームボタンを押すとTapticエンジンによって振動が得られ、ユーザーはホームボタンを押したように錯覚する従来のホームボタンの仕様をそのまま引き継ぐ形となる。

搭載プロセッサはA13 Bionicで、iPhone 11シリーズに搭載されているものと同じ。A13 Bionicは非常に性能の高いことで知られるAppleの最新プロセッサなので、ゲームやブラウザなどほとんどの作業を快適にこなすことができるだろう。

関連記事
iPhone 9の発売は4月か 最近好調なリーカーが伝える
春の新型iPhoneは2機種か。大画面モデル 「iPhone 9 Plus (仮称)」 がiOS 14から発見

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。