Apple、USB-Cポートを搭載したiPhoneをテストか。AirPodsやMagic MouseなどもUSB-C化が進む?

Appleは近い将来、iPhoneのコネクタをLightningからUSB-Cに置き換える可能性がある。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、自らのTwitterアカウント (@mingchikuo) で今後のAppleの製品に関する情報を伝えている。

iPhoneやAirPodsなどのコネクタはいずれUSB-Cに?

Kuo氏によれば、Appleは現在USB-Cを搭載したiPhoneをテストしており、早ければ2023年後半に発売する可能性があるとのこと。

USB-Cポートを搭載することで、有線接続時のデータ転送速度および充電速度の高速化が図られるとのこと。

また、iPhoneのUSB-C化にあわせて各種アクセサリ (MagSafeバッテリーパックやAirPods、Magic Keyboard/Mouseなど) のUSB-Cへの移行も進められるという。

上記情報が事実かどうかは現段階では不明だが、欧州での法改正でAppleは近いうちにUSB-Cへの移行を余儀なくされる可能性が高いことから、AppleがUSB-CポートをiPhoneに搭載するべく検証を行なっていても決して不思議ではないだろう。

ただし、完全ポートレスなiPhoneも開発されているとの噂があることから、USB-Cが必ず搭載されるとは限らない。少なくとも2022年に発売するiPhoneはLightningポートを搭載する見込みと報じられている。

なお、iPhoneのUSB-C化については米メディアBloombergの著名記者Mark Gurman氏も報じている。AppleはUSB-Cを搭載したiPhoneをテストしているだけでなく、USB-CポートでLightningコネクタ搭載アクセサリを使用できるようにする変換アダプタを開発しているという。

関連記事
iPhone 14のフロントパネルが流出か。ピル&ホールデザインとノッチデザインの2本立て
iPhone 14シリーズ、前面カメラがオートフォーカスに対応か。F値も1.9程度に?

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。