【試さないで】iPhoneの時計を1970年にすると、再起動不可能になるバグが発見される

本日、iPhoneに関する重大なバグが発見された。それはiPhoneが文鎮化するという、iPhoneユーザーからすると最高におぞましいものだ。

iPhoneには様々な不具合が発見されているが、再起動ができなくケースはかなり少ない。だが今回発見されたバグが発生すると、「iPhone」が最悪の場合再起動できなくなるようだ!

iPhoneを特定の日付に設定すると、再起動不可能に

iphone-clock-bug1

今回発見されたバグは、iPhoneの時計に関係するバグだ。具体的には、iPhoneの日付を「1970年1月1日 13:00」に設定してiPhoneを再起動すると、起動画面のリンゴのマークから進まず使用が不可能になるというものだ。

実際にこのバグを試したユーザーは、数十分から数時間放置してようやく再起動に成功したという例や、iPhoneのバッテリーを外して元に戻ったという例も。

このユーザーたちは起動できたから良いものの、もし再起動ができなくなった場合は完全文鎮化(使用できなくなる)してしまう可能性がある。そうなると、AppleのGenius Barで修理依頼を出す必要があるため、必要がない場合はバグを試すのはお勧めしない。

iphone-clock-bug2

バグの対象となる機種は、「iOS 8」以降のiOSを搭載した「A7 / A8 / A8X / A9 / A9X」の64bitデバイスで発生することが確認されている。最新機種は当然対象になっているので、絶対に試したりはしないようにしよう。

また、一部のゲームアプリではデバイスの時刻を変更することでゲームを進めるテクニックがあるようだが、これを利用する場合は間違いなく「1970年1月1日 13:00」に設定しないように!

ちなみに下記動画がこのバグを実際に試した動画になる。気になる人は一度見てみよう!

[ via 9to5Mac ]

iphone-clock-bug1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう