iPhoneの双方向ワイヤレス充電機能の搭載はまだ先か。著名記者が言及

「iPhone 11」 の頃から噂されていた、”iPhoneに双方向ワイヤレス充電機能が実装される” という話。「iPhone 11」 だけでなく 「iPhone 12」 でも実現することはなかったが、同機能の実装はまだ先になる可能性が高そうだ。

Appleの内情に詳しい、米メディアBloombergの記者Mark Gurman氏は、Appleが近い将来、iPhoneなどのモバイルデバイスに双方向ワイヤレス充電機能を搭載する可能性は低いと指摘した。

双方向ワイヤレス充電機能の搭載は近いうちには実現せず?

この情報は、AppleがMagSafeに対応したバッテリーパックを開発していると伝えたMark Gurman氏の記事の最後の方に書かれている。

Mark Gurman氏によれば、AppleはApple WatchやAirPods、iPhoneなどのモバイルデバイスに対して、相互にワイヤレス充電できる機能を搭載することを計画していて、その実現に向かって社内で話し合いを行なっていた。2019年に発売した 「iPhone 11」 でこれを実現することを計画だったという。iPhoneの背面にAirPodsを置いて、ワイヤレス充電できるというものだ。

しかし、最終的にはこの計画はキャンセルされてしまったとのこと。理由は語られていないが、Appleの満たす基準に達しなかった、あるいはMagSafeの将来的な導入が頭にあったからだろうか。いずれにせよ、iPhoneの背面で何らかの製品を充電できることにはならなかった。

ただ、双方向ワイヤレス充電が搭載されなかったiPhoneは、実際には多くのユーザーの予想を上回る製品になった。MagSafeが搭載され、マグネットでiPhoneを宙に浮かせながら充電したり、車載スタンドに吸着設置できたり。

双方向ワイヤレス充電機能が搭載されていたら、おそらくそれはそれで便利だっただろうが、いまのMagSafeだってかなり便利。きっと双方向ワイヤレス充電が搭載されなかったことを批判するユーザーはそんなに多くはないのでは。少なくとも筆者は、双方向ワイヤレス充電ではなくMagSafeが搭載されてよかったと感じている。ただ欲を言えば、双方向ワイヤレス充電機能が搭載されたiPhoneが登場する未来も見てみたい気もしなくはない。

ちなみにMark Gurman氏は、AppleのMagSafe関連アクセサリに関して、MagSafeに対応したバッテリーパックが開発中であることを伝えている。ほかにも、車載アタッチメントなど他のMagSafeアクセサリの開発も社内で話し合われていたとしているが、それらはいずれもゴーサインは出ていないとのことだ。

関連記事
iPhone 12にも双方向ワイヤレス充電機能が搭載か。将来的に使えるようになるかも
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。