Apple、「iPhone SE 2」を2018年前半に発売予定かーー市場調査会社TrendForceの市場予測

iphonese

Appleの2018年に発売する新型iPhoneのラインナップには、「iPhone SE 2(仮)」が含まれているのかもしれない。

台湾の市場調査会社TrendForceの予測によると、Appleはミッドレンジ市場向けに、「iPhone SE」の第二世代モデル(以下、「iPhone SE 2 (仮) 」)の投入を計画しているという。

新型「iPhone SE」は2018年前半に発売?

レポートによると、新しい「iPhone SE」は2018年前半に登場する可能性があるとのこと。インドのバンガロールにある工場で、台湾のサプライヤーのWistronがすでに新型「iPhone SE」の組み立てを行なっていると伝えられている。

「iPhone SE 2」の詳細な仕様は明らかになっていないが、現行モデルでは「A9」プロセッサが搭載されているため、これよりも性能が良いプロセッサが搭載されることになるだろう。

さらに、TrendForceは第2世代「iPhone SE」の他にも、次期フラグシップモデルについても言及している。

レポートによれば、次期モデルには合計3種類のiPhoneが開発中で、5.8インチ/6.5インチの有機ELディスプレイを搭載したモデルと、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルが用意される。この予想は、著名アナリストMing-Chi Kuo氏と一致する予想となっており、同情報の信憑性が増している。

TrendForceは2018年前半に新型「iPhone SE」が登場することを予想しているが、登場時期はおそらく2018年3月になるだろう。その理由は極めて単純で、初代「iPhone SE」が登場したのは2016年3月で、Appleは2017年3月にもiPhone 7の新型モデル「iPhone 7 (PRODUCT) RED」を投入しているからだ。新しいiPhoneを発表するなら、3月である可能性が最も濃厚だ。

TouchID

ちなみに、AppleはiPhone用生体認証として、今後も指紋認証センサーではなく、顔認証機能「Face ID」を採用する予定であるとのことだが、他のスマートフォンメーカーに関しては、顔認証センサーの技術が足りないため、2018年前半まではこれまで同様に静電容量式の指紋認証センサーがスマホに搭載されるとのこと。

しかし、2018年後半には画面内に埋め込む方式の指紋認証センサーが大量生産できるようになり、各スマートフォンからホームボタンが廃止される可能性があるとのことだ。

また、スマートフォン市場全体に関する予測として、TrendForceは2018年のスマートフォンの生産数は全世界で15億3000万台に達すると予想。2017年のスマートフォンの生産は14億6000万台だったため、生産数は5%ほど増えることが予想されている。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。