iPhone SE 2(iPhone 9)は来月生産開始へ。早くて3月に発売か

「iPhone SE 2」 あるいは 「iPhone 9」 と予測されている次期廉価モデルのiPhoneは来月に生産が開始され、早くて3月に発売する予定であることがわかった。米メディアBloombergが報じた。

廉価iPhoneはやはり3月に発売か

Bloombergの報道によると、Appleは次期廉価版iPhoneの生産を2020年2月に開始する予定であるという。生産はFoxconn、Pegatron、Winstronの3社で分割して行い、もしこの情報が確かであればAppleは早くて3月に本製品を発売する準備が整うことになる。

これまでの情報では、次期廉価版iPhoneは 「iPhone 8」 をベースに開発したモデルになることが濃厚とされている。iPhone 8の筐体をそのまま流用し、画面サイズは4.7インチに。そしてホームボタンが存在することから、実質的にiPhone SE 2というよりもiPhone 8の後継機種として発売される可能性が指摘されている。価格は399ドル(約44,000円)からと低価格になる見込みで、主にミドルクラスユーザー向けの製品となる予定。内蔵プロセッサは 「A13 Bionic」 が濃厚。

また、一部メディアからは4.7インチモデルだけでなく5.5インチもしくは6.1インチの画面を搭載したモデルも用意されるという予測もある。

この廉価モデルに関しては既に多くのメディア・アナリストから情報が伝えられていることからまもなく発売予定であることはほぼ確実とみられる。現時点では分かっていないことも多いが、実際に生産が開始されることでもたらされる新しい情報も増えるだろう。新しいiPhoneに期待している方は今後の情報に注目だ。

関連記事
次期iPhone SE、名称は 「iPhone 9」 か 実質的にiPhone 8の後継機?
iPhone 9 (iPhone SE 2) のレンダリング画像が公開 背面は擦りガラス仕様か
「iPhone SE 2」 は全2種類か 4.7インチモデルとは別に5.5もしくは6.1インチモデルが存在?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。