ワイヤレス充電に対応した「iPhone SE 2」のコンセプトが公開

今月16日、中国Weiboに「iPhone SE 2」を撮影したと見られる動画が公開されてから、堰を切ったように「iPhone SE 2」に関するリークが登場している。

ただし、「iPhone SE 2」については、「iPhone X」の小型モデルのようになるという説と、現行「iPhone SE」のマイナーアップデート版になるという説の2種類が存在。新機能や変更点についても情報が錯綜しており、どうなるかは未知数の状態だ。

この状況下で、これまでにも多くのApple製品のコンセプトを公開してきたMartin Hajek氏が、新たな「iPhone SE 2」のコンセプトを公開している。

ワイヤレス充電への対応やシングルレンズカメラの搭載が特徴のコンセプトが公開

Martin Hajek氏が公開した「iPhone SE 2」のコンセプトは、いわゆる現行モデルのマイナーアップデートに近い仕様になっている。

デザインは現行「iPhone SE」とほとんど同じで、ホームボタンや上下のベゼルは健在。ただし、端末背面の上下にあった白色(スペースグレイモデルは黒色)の帯がなくなり、背面は一色に統一されている。

また、背面カメラは「iPhone 7」から採用されている少し大きめのシングルレンズカメラが搭載。最近ではデュアルレンズカメラ搭載説もあったが、3GBのRAMが必要なことや、デュアルレンズカメラ自体の製造コストが高いことから、搭載は難しいとされている。

そして、今回のコンセプトで一番注目したいのが「ワイヤレス充電」への対応。まもなく発売予定と噂のApple純正ワイヤレス充電器「AirPower」で、「iPhone SE 2」を充電している様子が描かれている。

コンセプトに描かれた「iPhone SE 2」の背面は、「iPhone 8」のような質感になっていることから、ガラスパネルが採用されていることが伺える。

その他、コンセプトからは、イヤホン端子が廃止されるなどの特徴も見受けられる。マイナーアップデートとはいえ、より「iPhone X」や「iPhone 8 / 8 Plus」に近いモデルになるとMartin Hajek氏は予想しているようだ。

ここ数日の間に多数の情報が出てきている「iPhone SE 2」。著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は今春に登場しない可能性も指摘していたが、もし出るとするなら、3月27日に開催されるスペシャルイベント、もしくは6月に開催の「WWDC 2018」が濃厚とされている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。