iPhone 9 (iPhone SE 2) のレンダリング画像が公開 背面は擦りガラス仕様か

iPhone SEの後継機種こと 「iPhone SE 2」 もしくは 「iPhone 9」 の噂をもとに作成されたレンダリング画像が、iGeeksBlog.comによって公開された。このレンダリング画像はリーク情報が正確であることで有名なOnLeaks氏の協力のもとで作成されたこともあり、信憑性はそれなりだ。

「iPhone SE 2 (iPhone 9)」 のレンダリング画像が公開

以下が公開されたレンダリング画像。描かれているiPhoneは、「iPhone 8」 をベースに開発されており、やはりiPhone SEの後継機種というよりはiPhone 8の後継機種といったほうが近そうだ。

iPhone 8からの大きな変化は2点。まずはAppleロゴの位置。これまでは背面上めに配置されてたリンゴのマークが、新型モデルでは端末中央に移動するようだ。

そして背面パネルの素材。iPhone 8と同様にガラスが使用されているようだが、仕上がりはクリアなものではなくiPhone 11 Proのような擦りガラスタイプのものになるイメージのようだ。

本体サイズは138.5 x 67.4 x 7.8mm (背面カメラ含めると8.6mm)。iPhone 8よりも0.5mm厚くなる模様。画面は4.7インチの液晶ディスプレイ。有機ELディスプレイにはならない予定だ。

内蔵プロセッサはA13 Bionicチップ。iPhone 11 Proと同じくらいの性能になることが予想される。そのほか生体認証にはTouch IDが採用され、ワイヤレス充電もサポートされる見込み。

発売は2020年3月とみられており、春の新製品群と共にリリースされる可能性が高い。

関連記事
「iPhone SE 2」 は全2種類か 4.7インチモデルとは別に5.5もしくは6.1インチモデルが存在?
次期iPhone SE、名称は 「iPhone 9」 か 実質的にiPhone 8の後継機?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。