次期iPhone SE、名称は 「iPhone 9」 か 実質的にiPhone 8の後継機?

2020年春、AppleはiPhone 8をベースに開発した次期iPhone SEを発売すると予想されているが、この新型iPhoneの名称は 「iPhone SE 2」 ではなく 「iPhone 9」 になるのかもしれない。国内ブログMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)が独自情報を伝えている。

iPhone SE 2の名称は 「iPhone 9」 に?

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によると、iPhone SE 2こと 「iPhone 9」 は、iPhone 8の筐体をそのまま継続採用したモデルになるという。A13 Bionicプロセッサが内蔵され、3D Touchには対応しない見通し。このことから、次期iPhone SEは 「iPhone 9」 と呼ばれる可能性があるという。

もしこの情報が本当であれば、iPhone 9はこれまで空白だったナンバリングを埋めることになる。過去、AppleはiPhone 8、iPhone X、そして今年のiPhone 11というようにiPhoneへのナンバリング付与を行なってきたが、2017年に10周年を記念したプレミアムモデル 「iPhone X」 を発売するため、iPhone 9をスキップしてしまっていた。

ただし、iPhone 9は次期iPhone SEとして期待されているが、筐体などほとんどがiPhone 8のものを継続採用することもあり、実質的にiPhone 8の後継機種と言えなくもない。

ちなみに、Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によるとiPhone 9は2×2 MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6に対応するかは不明とのこと。そして価格はiPhone 8の価格(52,800円~57,800円)を維持あるいは少しだけ安くなる可能性があることを伝えている。

関連記事
2021年のiPhone 13(仮)、Lightningコネクタを廃止か。「iPhone SE 2 Plus」 登場という情報も伝えられる
iPhone 12 Proのメモリ容量は6GBか iPhone SE 2も2月に生産開始の噂

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。