次期「iPhone X」のコンセプト画像が公開 噂通りノッチ(切り欠き)が小型化

先日、2019年発売の新型iPhoneに関して、端末上部の切り欠き(ノッチ)が「iPhone X」よりも小さくなると韓国メディアのETNewsが伝えていたが、それが実現した場合のコンセプト画像が公開されている。

切り欠き部分が小さくなった次期iPhoneのコンセプト画像が登場

これまでに数々の美麗コンセプトを公開してきたiDropNewsは、2019年発売の新型iPhoneのコンセプト画像を公開。昨年発売された「iPhone X」と並べるような構図のコンセプトが多く、両端末の切り欠き部分の大きさの違いがはっきりと分かるようになっている。

また、コンセプトでは切り欠き以外の部分のベゼルも若干薄くなっており、さらに画面が大きくなっている様子も見受けられる。

この端末上部の切り欠き部分は、TrueDepthカメラなど多数のコンポーネントが配置されている部分になるが、先日の情報によると、この各種センサーの小型化が実現することで「iPhone X」よりも切り欠きが小さくなるという。

「Face ID」用のセンサーや前面カメラはiPhoneにとって必須なものであり、この切り欠き部分ができてしまうのは仕方のないことなのだが、この違和感を受け入れられないユーザーが一部存在するのは事実。しかし、今回のコンセプトのように違和感が少なくなることで、より多くのユーザーに受け入れてもらえるような端末になるかもしれない。

また、iDropNewsはDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)への対応や外向きカメラの平面化に関するコンセプトも公開しているので、これらが気になる方はこちらからコンセプトを確認していただければと思う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。