「iPhone X Plus」のイメージ画像が公開、噂のトリプルカメラと狭くなったノッチが特徴

2018年、Appleは「iPhone X」の大型モデルである「iPhone X Plus(仮)」を投入することを計画しているという。

そして2019年には、iPhoneにトリプルカメラが搭載されるとも噂されている。現行モデルがデュアルカメラなので、カメラレンズがひとつ増える形だ。

あくまで予測の話ではあるものの、将来のデバイスがどんな姿になるかはとても気になるところ。これについて、昨年まで数々のリーク情報を提供してきたBenjamin Geskin氏がイメージ画像を作成し、Twitter上で公開しているので紹介したい。

トリプルカメラが搭載された「iPhone X Plus」のコンセプト

彼は、「自身の考える完璧なiPhone X Plus」を想像し、この画像を作成したとのこと。

有機ELディスプレイは6.5インチ、画面上部のノッチは噂通り現行モデルよりも狭くなっており、ノッチエリアにはデュアルカメラが搭載。

さらに端末背面にはトリプルカメラが搭載。デュアルレンズカメラの他に、もうひとつ新たなレンズが搭載されており、合計3つの「目」が存在する。

メインカメラがトリプルレンズになることによって、カメラ性能がどれほど変わるのかは分かっていないが、おそらくこれまで以上に暗所での撮影に強いデバイスになることが予想される。トリプルレンズカメラを搭載したスマートフォンはすでにこの世に存在し、「Huawei P20 Pro」は過去最高のカメラ性能を持つスマートフォンとして評価されている。

 

トリプルレンズカメラが搭載された「Huawei P20 Pro」

ただ、トリプルレンズカメラがiPhoneに搭載されるという話は、一部報道によると2019年以降。つまり、2018年のモデルは引き続きデュアルレンズカメラが搭載することになる。

これまで多数のリーク情報を公開してきたGeskin氏はこのことに言及しておらず、「2018年のiPhone X Plus」と表現していることから、今回作成したイメージ画像はおそらく彼の予想に過ぎないものであると予想される。ただし、2019年以降に登場する「iPhone X Plus」のイメージを掴むには最適な画像とも言えるかもしれない。

しかしながら、彼のツイートには「なぜ3つ目のカメラが離れているのか」「(デザインが)醜い」などあまり良い反応は見られず、Appleが本当にこのようなデザインのデバイスを発売するかどうか、疑問の声も挙がっている。

筆者も初めはあまりスマートなデザインだとは思わなかったが、Geskin氏はこれらの懐疑的な声に対して、「(iPhone Xの発表前に)カメラが縦型になることについて、当時は誰もが同じことを言った」と指摘している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。