「iPhone X Plus」はトリプルレンズカメラ搭載か カメラ性能が大幅向上する可能性

今年ではなく来年の2019年、AppleはiPhoneに3つの「目」を持たせると噂されている。Huawei P20 Proなど一部のスマートフォンが搭載している「トリプルレンズカメラ」というやつだ。

この「トリプルレンズカメラ」はとても綺麗な写真を撮影できるのはもちろんのこと、三点測量と同じ原理でより立体的に被写体を検知することができる。おかげで、Huawei P20 Proはスマートフォン史上最も綺麗な写真を撮影することができると評価されてきた。

これに対抗するためか、AppleはiPhoneに三眼レンズを搭載すると噂。ただし、搭載は2019年モデルで今年のiPhoneではない。

トリプルレンズカメラが搭載されたHuawei P20 Pro

しかし、The Korean Herald(The Investor)の新しいレポートによるとそうではないらしい。同メディアは、今年発売の最上位モデル「iPhone X Plus」にトリプルレンズカメラが搭載されると伝えている。

今回の記事は主にSamsungの次期モデルに関する情報がメインとなっており、次期iPhoneに関する情報はこれだけ。トリプルレンズカメラの性能や仕様については特に明かされていない。

仮にトリプルレンズカメラが搭載された場合、iPhoneのカメラは3倍のデジタルズームに対応する可能性がある。また、今までよりもさらにクオリティの高いAR(拡張現実)機能が利用できる可能性が高い。これは先月29日にドイツ証券のアナリストJialin Lu氏が指摘していたことだ。

世界一のカメラ性能をiPhoneにもたらすためには、トリプルレンズカメラの搭載が必要だろう。ただ問題は、導入時期。他の信頼できるメディアやリーカーたちも、トリプルレンズカメラの搭載は2019年と伝えていたこともあり、本当に2018年モデルに搭載されるかどうかは疑問だ。

ちなみに、The InvestorはSamsungの最新フラグシップモデル「Galaxy S9」シリーズは当初予測よりも販売実績が下回っていること、そして次期フラグシップモデルでトリプルレンズカメラを搭載することによって、需要を喚起する可能性があると報じている。

[ via MacRumors / img via iDropNews ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。