次期iPhoneのトリプルレンズカメラは背面上部に配置?著名リーカーが新レンダリング画像を公開

2019年に発売が予想されている次期iPhoneの中で、とりわけ最上位機種と目されるiPhone XS Maxの後継モデルは、カメラ性能を引き上げるためトリプルレンズカメラが搭載されることが予想されている。

仮にこの情報が正確で、本当にトリプルレンズカメラが搭載されたとしたら、次期iPhoneはどのような姿になるのか。

先日、著名リーカー@OnLeaks氏がDigit.inと協力して次期iPhoneを予想したレンダリング画像を公開。ある意味、Appleらしからぬデザインが採用される可能性が指摘されていたが、この@OnLeaks氏が今度はCompareRajaと協力して、新しいレンダリング画像を公開している。

トリプルレンズカメラを搭載した次期の新レンダリング画像が公開

その画像がこちら。先日のレンダリング画像に描かれていたトリプルレンズカメラの形状とは大きく異なり、端末背面の上部に、横並びの形で3つのカメラが搭載されることが予想されている。

また、ノッチの小型化も大きな特徴だ。現行のiPhoneは、iPhone Xのデザインをそのまま引き継いだ形となっており、割と大きなノッチが真っ先に目に入る。しかし、今回のレンダリング画像ではノッチが小さくなっており、よりスマートなデザインに洗練されていることが確認できる。これはおそらく、顔認証用センサーの小型化が実現できたためであると予想される。

@OnLeaks氏は前回のレンダリング画像と今回のもの、どちらも実際に存在するプロトタイプの一つであると言う。今年秋に発売する段階で、どちらが採用されているかは分からないが、少なくともトリプルレンズカメラの搭載やノッチの小型化は真剣に検討されているようだ。

ちなみに、2019年のiPhoneに関しては合計で3つのモデルが用意されることが予想されている。iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの後継モデルが登場し、上位2機種には有機ELディスプレイが搭載、一番性能が低いモデルには液晶ディスプレイが引き続き搭載されることが予想されている。

また、最新のiPad ProにiOSデバイスとして初めてUSB-Cポートが搭載されたことを受けて、iPhoneにもUSB-Cポートが搭載される可能性が噂されているが、現段階では確定情報ではなく、引き続きLightningポートが搭載される可能性があるとも伝えられている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。