「iPhone XI」 はUSB-CではなくLightningポートを搭載、全カメラ性能向上の噂

2019年秋に発売する次期iPhoneは、トリプルレンズカメラの搭載ノッチの小型化など、端末デザインの一部が変更がされることが予想されているが、カメラ性能の向上も一つの特徴となりそうだ。

昨日、次期iPhoneに関する情報を提供したCompareRajaが再び新しい情報を投下している。

次期iPhoneは背面・前面両方のカメラ性能が向上

CompareRajaによると、次期iPhoneはカメラ性能が大幅に向上する可能性があるとのこと。しかも、背面カメラと内向きカメラのどちらもアップグレードされる見込みだ。

現行モデル (iPhone XS/XS Max) の場合は背面がデュアルレンズ仕様で広角カメラと望遠カメラがともに1,200万画素だが、次期モデルはトリプルレンズ仕様で2つの1,400万画素カメラともう1つのカメラ(仕様は不明)が搭載されるのだという。

さらに、内向きカメラは現行700万画素だが、次期モデルは1,000万画素になるとの情報だ。必ずしも 「画素数が向上=画質が向上」 の方程式が成り立つわけではないものの、あえて現行モデルと同じカメラを搭載しないことを考えると、写真撮影の性能は大幅に向上する可能性が高そうだ。

ただし、背面カメラについてはトリプルレンズカメラを搭載するモデルは最上位機種のみに留まる可能性が高い。最上位機種はiPhone XS Maxの後継モデルと噂されているが、どのモデルにトリプルレンズカメラが搭載されるのかは現時点では確定情報ではないことを伝えておきたい。

ちなみに、昨日の記事でもお伝えしたように、iPhoneにはUSB-CではなくLightningポートが搭載される可能性があるようだが、CompareRajaも同様の情報を伝えている。まだ、開発段階なので今後変更される可能性は十分にあるが、今年のiPhoneの特徴は 「カメラ性能」 と 「本体デザインの一部変更」 ということになりそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。