Apple、「タッチの問題に対するiPhone 11ディスプレイモジュール交換プログラム」 発表。対象のiPhone 11が無償修理対象に

12月5日、Appleは 「タッチの問題に対するiPhone 11ディスプレイモジュール交換プログラム」 を発表した。

このプログラムは、一部のiPhone 11で画面をタッチしても反応しない不具合が発生しているとして、対象となるiPhone 11のディスプレイを無償で交換するというものになる。

タッチの問題に対する iPhone 11 ディスプレイモジュール交換プログラム – Apple

対象となるのは、2019年11月から2020年5月までの間に製造されたiPhone 11。対象のデバイスかどうかはAppleの公式ページでシリアル番号を入力することで確認できる。シリアル番号は、設定アプリの一般>情報に記載されているため自身のデバイスが対象かどうか是非ご確認いただきたい。

ちなみにiPhone 11は2019年9月20日に発売されているため、発売日から間も無く購入しているユーザーは対象とならないため注意が必要だ。

修理サービス手続きはApple正規サービスプロバイダ及びApple Store直営店で行うことができる。オンラインのAppleサポートから申し込みをすることも可能だ。修理期間はiPhone 11の最初の小売販売日から2年間、ちなみに画面のひび割れなど修理に支障をきたす損傷がある場合はそれを先に修理する必要があるとのことだ。

タッチの問題に対する iPhone 11 ディスプレイモジュール交換プログラム – Apple

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。