iPhone 11シリーズはバッテリー容量が増えたことが確認される 「iPhone 11 Pro Max」 は25%近い増量

2019年の新型iPhoneは、端末サイズやデザインがほとんど変わっていないにも関わらずバッテリー持ちが改善されている。

例えば、2018年に発売した 「iPhone XS」 は最大14時間のビデオ再生に対応していたが、明日発売の 「iPhone 11 Pro」 は最大18時間のビデオ再生が可能。なんと4時間近くバッテリー駆動時間が伸びた。

このバッテリー持ちの “変化” について、Appleは 「iPhone 11 Pro」 に搭載した 「A13 Bionic」 プロセッサの省電力性能が向上したためと話していたが、そのほかにもバッテリー持ちを向上させる要素があったことがわかった。

iPhone 11シリーズはバッテリー容量が増加

その要素とは内蔵バッテリーの容量自体が増えているということ。中国の規制機関TENAAの資料から新型iPhoneのバッテリー容量が明らかになっている。なんと、最上位モデルの 「iPhone 11 Pro Max」 に関しては25%近くバッテリー容量が増加していることが判明した。

TENAAの資料によると、新型iPhoneのバッテリー容量は以下の通りになっているとのこと (iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max) 。参考までに、昨年のiPhoneに搭載されたバッテリーの容量も記載してみた。

2018 2019
iPhone XR 2,942mAh iPhone 11 3,110mAh
iPhone XS 2,658mAh iPhone 11 Pro 3,046mAh
iPhone XS Max 3,174mAh iPhone 11 Pro Max 3,969mAh

上記表を見ていただければお分かりいただけるように、新型iPhoneはいずれもバッテリー容量が増大していることが確認できる。

iPhone 11に関しては5%程度の増加しかないが、iPhone 11 Proに関しては20%弱、そしてiPhone 11 Pro Maxに関してはなんと25%近い増加となっているようだ。

下記表は、Appleが公表している各iPhoneのバッテリー駆動時間。直接的に駆動時間を示しているのはビデオ再生時間とオーディオ再生時間であるため、実際の駆動時間とは異なる可能性があるが、昨年モデルとの比較のため下記表を置いているため、あくまで参考程度に考えていただきたい。

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
ビデオ:17時間
オーディオ:65時間
ビデオ:18時間
オーディオ:65時間
ビデオ:20時間
オーディオ:80時間

以下の表は2018年に発売したiPhoneの駆動時間。上記表と比較するとiPhone 11 Proシリーズだけバッテリー持ちが大幅に伸びていることがわかる。新型iPhoneのバッテリー持ちが改善した理由のひとつには、このバッテリー容量の増加が大きく影響していそうだ。

iPhone XR iPhone XS iPhone XS Max
ビデオ:16時間
オーディオ:65時間
ビデオ:14時間
オーディオ:60時間
ビデオ:15時間
オーディオ:65時間

ちなみに、バッテリー持ちの改善は内蔵バッテリー容量の増大だけでなく、Appleの言うとおり内蔵プロセッサ 「A13 Bionic」 の省電力化が影響している可能性が高い。また、内蔵したバッテリー自体も性能が向上しており、エネルギー密度を高めるため新しい素材を採用したバッテリーが搭載されていることも判明している。スマートフォンのバッテリー持ちに不満を感じていたユーザーは、今年のiPhoneに期待しても良さそうだ。

関連記事
【徹底比較】iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxの違い・スペックを比較。買うならどれがオススメ?
【比較】iPhone 11 ProとiPhone Xのスペック・違いを比較 買い替えはあり?なし?

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。