iPhone 12(開発機)のCADデータから作られた金型。やはりAppleはUSB-Cの搭載を検討していた?

2020年後半に発売するとされる 「iPhone 12」 シリーズのCADデータがオンライン上で流出。これから作られた金型モックアップが公開された。

金型を公開したのはテクノロジーブロガー@极客村长氏(via IT Home)。あくまで開発中のデータから作成した金型で、主にケースメーカーがiPhoneのサイズを検証するために作ったものであることが予想されるが、AppleはiPhone 12を開発するにあたって様々な検討を行なっていたことが分かる。

流出したiPhone 12のCADデータから作成したモックアップ

上記がその金型。iPhone 12は4種類のモデルが用意されると噂されているが、作成された金型は全部で5種類。いずれもサイズが異なるところを見ると、Appleは様々なiPhone 12をテストしていたのかもしれない。

実際の 「iPhone 12」 はこれらの5種類のうちから4種類が選ばれた可能性がある。Jon Prosser氏など著名リーカーによれば、今年のiPhoneのサイズは5.4インチ/6.1インチの下位モデル、6.1インチ/6.7インチの上位モデルの全部で4機種になる予定だ。

ちなみにこのモックアップから、iPhone 12は側面がフラットエッジデザインを採用していることがわかる。iPhone 6から続いているカーブを描く側面ではなく、既報のとおりiPhone 4の角ばったエッジになるようだ。

また、USB-Cポートが搭載された金型も存在する。

今年のiPhoneは引き続きLightningポートを搭載することが濃厚とされているため、USB-CポートがiPhoneに搭載される可能性は現時点ではかなり薄そうだが、開発初期の段階ではUSB-Cポートの搭載も検討していたと伝えられている(開発のためにUSB-Cポートを搭載していた説もある)。

背面にはトリプルレンズ&LiDAR

これらの金型はあくまで開発初期あるいは中期のCADデータをもとに作成したものである可能性が高いため、情報の精度はそこまで高いものではないかもしれない。しかし、今年のiPhoneのデザインをチェックするにはちょうどいい素材なのではないだろうか。

関連記事
iPhone 12の全ラインナップの仕様が判明 ディスプレイやRAM容量など、価格も明らかに
iPhone 12、やはり発売が10月に遅延か。主要サプライヤーCEOが示唆

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。