著名アナリストKuo氏、iPhone 12に”ハイエンド”なカメラレンズ搭載と予測

2020年後半に発売するとみられる次期iPhoneには “ハイエンド” なカメラが搭載される可能性があることがわかった。著名アナリストMing-Chi Kuo氏が現地時間7月3日に投資家向けレポートの中で言及した。

iPhone 12にはハイエンドカメラレンズが搭載か

Ming-Chi Kuo氏によれば、次期iPhone向けのハイエンドカメラレンズが台湾LARGAN Precisionによって製造され、7月中旬頃から出荷が開始されるとのこと。

このカメラレンズの仕様について、今回のレポートでKuo氏は、“ハイエンド” なカメラとしか言及していないが、今年3月の時点で、次期iPhoneの5.4インチモデルと6.1インチモデルには1/2.6インチ、6.7インチの画面を搭載する最上位モデルは1/1.9インチの7枚構成レンズが広角カメラに搭載され、最上位モデルの背面カメラにはセンサーシフト式の手ブレ補正機能が搭載されると伝えていた。その後は情報をアップデートしていないことから、おそらくこの予測から変更はないものとみられる。

ちなみに次期iPhoneについては発売が例年から遅れる可能性が指摘されている。カメラレンズの製造自体も4~6週ほどの遅れが発生しているため、iPhoneの組み立てが遅れ、最終的な発売時期についても遅れる公算が大きくなっている。他メディアの情報によれば、Appleも遅れを取り戻すために精一杯動いているというが、現状のままでは発売の遅れは必至と言われている。

関連記事
iPhone 12 Pro/12 Pro Max、ProMotionテクノロジーは非採用か
iPhone 12、電源アダプタとEarPodsは同梱されず。20W電源アダプタは別売りに

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。