iPhone 12、2020年10〜11月発売か 新型コロナウイルスで例年に比べて発売が遅れる?

Appleの今年の新型フラグシップ型iPhoneは、例年に比べて発売が1〜2ヶ月程度遅れる可能性があるようだ。ここ最近、多数のAppleの未発表製品に関するリーク情報を提供しているリーカーでYouTubeチャンネル 「FRONT PAGE TECH」 運営者のJon Prosser氏が24日伝えた。

iPhone 12の発売が1〜2ヶ月遅れる可能性あり

Jon Prosser氏によれば、Appleは 「iPhone 12」 の発売を例年に比べて1ヶ月以上遅らせることを検討しているようだ。

その “遅延” の理由は、やはりCOVID-19(新型コロナウイルス)。例年であれば次期iPhoneの試作、そしてデザイン・仕様策定は毎年春頃には完了しているものだが、今年は新型コロナウイルスの影響でAppleの上級社員が中国に渡航できておらず、製造における最終決定はおろかプロトタイプの製作もまだできていないとのこと。

これらの遅延のせいで、iPhoneの大量生産も当初計画の5月から始められない見込み。当然ながら発売にも遅れが生じるだろう。Jon Prosser氏によれば1〜2ヶ月程度発売が遅れるとのことだ。

Appleは例年9月に新型iPhoneの発表会を行なっているが、もし発売が1ヶ月以上遅れるのであれば発表会も1ヶ月以上遅れる可能性がある。今年は10月あるいは11月まで、記者・ジャーナリストを集めた新製品発表イベントが開催されることはないのかもしれない。

ちなみにJon Prosser氏は最近出回っている次期iPhoneの製品コンセプトや各種情報については、前述のとおり最終デザインの策定も完了していないことから、現時点では未確定なものであるという。Jon Prosser氏の言うとおり、今後Appleによって次期iPhoneのデザイン・仕様が変更される可能性がある点には注意が必要だ。

関連記事
iPhone 12シリーズ、ToFセンサーが搭載されるのは上位2機種のみか
「iPhone 12」 は2020年10月発売か 新型コロナ影響で技術検証試験に遅れが発生

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。