最新情報が反映されていないiPhone 12のダミーユニットを著名リーカーが公開

Appleが今年後半に発売すると噂の次期フラグシップiPhoneこと 「iPhone 12」 シリーズは、合計で4モデルがラインナップされるとの噂。

この新型4モデルのiPhoneのダミーユニットを撮影した写真が著名リーカーの手によってインターネット上で公開された。

iPhone 12のダミーユニットを撮影した写真が公開

上記写真が今回公開されたものだ。公開したのはかつての著名リーカーのひとりSonny Dickson(@SonnyDickson)氏。

「iPhone 12」 は5.4インチ・6.1インチの下位モデル、6.1インチ・6.7インチの上位モデル、計4モデルがラインナップされると言われているが、Sonny Dickson氏が公開した写真には3つのダミーユニットが写っている。

左からiPhone 12の5.4インチ・6.1インチ・6.7インチモデルのダミーユニット。中国で流失したCAD画像をもとに制作されたものとみられ、噂されているiPhone 4やiPad Proを彷彿とさせるフラットエッジデザインが採用されていることが確認できる。

背面にはすべてのモデルにトリプルレンズカメラが搭載されているが、もともとこのダミーユニットはサードパーティのケースメーカーがiPhone用のケースを開発するために作られていることもあり、カメラユニットの仕様については正確ではない可能性がある。Sonny Dicksonも同様のことを言及している。マナースイッチなど一部で作り込みが甘いのも、同じ理由だろう。

ちなみにこのダミーユニットはこれまでの噂を深く反映させているようにも見えるが、実は最新の情報を取り入れたものではないという。つまり、現在のiPhone 12の開発機は一部で違うデザインを採用している可能性があるということになる。

著名リーカーJon Prosser氏などは、これまで主流とされてきたCAD画像やモックアップは実は本物とは異なるデザインを採用していると指摘していた。現在の最新のデザインはEverythingAppleProが公開しているものとされているが、ただしその真偽もまだ明らかになっていない。

関連記事
iPhone 12のモックアップは昨年12月段階のもので現在はデザインが異なる?Jon Prosser氏が指摘
新たなiPhone 12のCADデータが登場。ノッチの大きさは従来どおり、LiDARセンサーは6.7インチモデルのみ搭載か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。