iPhone 12のフラットエッジデザインが分かる画像がiOS 14のセットアップから発見 (UPDATE)

次期iPhoneのデザインはこれまでのようなカーブを描くものではなく、iPhone 4や現行のiPad Proのようなフラットエッジデザイン (エッジの効いた角ばったデザイン) になると予想されているが、これを確認できる画像がiOS 14に存在することがわかった。

これを伝えたのは筆者のフォロワーさんであり、これまでいくつかのリーク情報を提供している匿名リーカー。同氏は流出したiOS 14を入手・解析した結果、次期iPhoneのSIMトレイとみられる画像を見つけたと当サイト宛に報告してくれた。

追記:今回発見された画像はすでにApple公式サイトに存在する画像 (via MacRumors) で、iPhone 12のデザインが分かる画像ではありませんでした。記事内容を訂正のうえ、読者の方にお詫び致します。また、当記事にコメントをしていただいた方には御礼申し上げます。

iPhone 12、やはりフラットエッジデザインが採用か

上記がその画像。iPhoneの側面にあるSIMトレイを引っ張り出した様子が描かれた画像だが、よく見ると描かれているiPhoneはこれまでのデザインではなく、前述のフラットエッジデザインになっていることが確認できる。

匿名リーカーによれば、この画像はSIMのセットアップの画面に使われるもので、iOS 14にあるSIMSetupUIService.appのファイル内に存在するという。画像に描かれているSIMトレイは物理式デュアルSIM (日本モデルはeSIMと物理SIMによるデュアル仕様) となっているが、これは流出したiOS 14は当初、中国のiPhone 11で動作していたからではないかと同氏は推測している。

このあたりの詳細はまだ明らかになっていないものの、少なくともiOS 14のファイルの中にフラットエッジデザインを採用したデュアルSIM仕様のiPhoneの画像があるということは、次期iPhoneのいずれかの機種あるいはすべての機種でフラットエッジデザインを採用する可能性が高いということになる。

ちなみに次期iPhoneは全部で4機種用意されているという噂。5.4インチ、6.1インチの画面を搭載した下位モデル、そして6.1インチと6.7インチの画面を搭載した上位モデルの全4つ。下位モデルと上位モデルの間には画面の質や筐体素材、カメラ性能などいくつかの性能差が設けられているとされる。

新型コロナウイルスの影響で開発や生産に遅れが生じていると言われていて、発売が10月に遅れる、あるいは一部モデルが2021年にズレ込むとも伝えられている。

関連記事
iPhone 12、やはり発売が10月に遅延か。主要サプライヤーCEOが示唆
iPhone 12の全ラインナップの仕様が判明 ディスプレイやRAM容量など、価格も明らかに

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。