iPhone 12/12 Proのベンチマークスコアが判明。iPhone 11に比べて1.2倍程度の伸びという記録

いよいよ今月23日に 「iPhone 12」 シリーズが発売する。「iPhone 12」 には新プロセッサ 「A14 Bionic」 が搭載されているが、同モデルのベンチマークスコアが判明しているのでご紹介したい。

iPhone 12/12 Proのベンチマークスコアが判明

ベンチマークスコアを計測したのは、国内メディアMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)。同メディアは発売前のiPhone 12/12 Proを先行で入手。これら2つのデバイスのベンチマークスコアを計測した。

ベンチマークスコアの計測はGeekbench 5で行ったとのこと。計測結果は以下のとおり。昨年筆者が計測したiPhone 11/11 Proのベンチマークも比較として掲載しておく。

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 12 iPhone 12 Pro
搭載プロセッサ A13 Bionic A14 Bionic
シングルコアスコア 1328 1332 1588 1590
マルチコアスコア 3306 3493 3677 3811

ベンチマークスコアを計測すると、iPhone 12に搭載されているA14 Bionicプロセッサはシングルコア1,600弱、マルチコアスコア3,650~3,900前後という数字が出るようだ。

これは昨年のiPhone 11シリーズ(A13 Bionic)に比べてシングルコア約1.2倍、マルチコア約1.1倍という結果になる。

A14 Bionicはスマートフォン業界ではじめて5nmプロセスを使ったプロセッサ。最速かつ効率的に動作するA13プロセッサを、さらに高速化している。Appleによれば、他スマートフォンに比べても最大50%高速なCPU・GPUを備えていて、コンソールレベルのゲーム体験や、パワフルなコンピュテーショナルフォトグラフィなどを実現している。さらに16コアのニューラルエンジンを内蔵していてパフォーマンスは先代に比べて80%も向上しているという。

ベンチマークスコアの結果からはAppleの説明どおりの結果とはならなかったものの、現代のスマートフォンの中ではトップクラスの性能であることは間違いないだろう。

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によればGPU性能も1.4倍ほど向上しているとのこと。詳しくは同メディアの記事をご覧いただきたい。

ちなみに、iPhone 12シリーズは4機種のうち 「iPhone 12」 「iPhone 12 Pro」 が先行で10月23日(金)に発売予定。残る 「iPhone 12 mini」 「iPhone 12 Pro Max」 については、すこし遅れるかたちで11月6日(金)午後10時から、11月13日(金)に発売予定。

これらのデバイスを入手後、各モデルのベンチマークスコアを筆者の方でも計測し、追記する予定だ。

関連記事
iPhone 12 全種類の性能・違いを比較。iPhone 12 mini/12/12 Pro/12 Pro Max、オススメのモデルは?
比較:iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)の性能・スペック比較。いま買うならどっち?

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。