iPhone 12にはリング状の磁石が内蔵か。正確なワイヤレス充電のためか

今年秋に発売が予定されているiPhone 12シリーズには、背面にマグネットが搭載される可能性があることがわかった。

中国Weiboのとあるユーザーが、iPhone 12に搭載されるとみられるマグネットを投稿。それをYouTuberのEverythingAppleProらが伝え、世界的な話題となっている。

iPhone 12のシャーシ内部に謎のマグネットが搭載?

投稿された写真は以下。iPhone 12の図面と、実際に搭載されるものとみられるマグネットが写っていることが確認できる。

磁石はリング状に並べられており、サイズ的にはiPhoneに搭載できそうだ。

このマグネットがなんのために用意されるのかは不明だが、深読みするとiPhoneをワイヤレス充電する際、正確な位置に置いて充電するための位置合わせに使用するつもりものかもしれない。もし以前からの噂どおり、Appleがいまも純正ワイヤレス充電器を作っているのであれば、その充電器の上でiPhoneをスマートに充電するための工夫である可能性がある。

また、さらに深読みするとiPhoneのバッテリーを他のデバイスにワイヤレスで分けられる機能(SamsungのGalaxyに搭載されているワイヤレスパワーシェアのような機能)のためである可能性も。

AppleはこれまでにiPad Proの背面にマグネットを仕込み、Magic Keyboardなどアクセサリ製品との融和性を高め、使いやすくした例があることから、今回もiPhoneにマグネットを仕込むことでユーザーを驚かす計画があるのかもしれない。

関連記事
iPhone 12シリーズは2段階式で発売か。6.1インチモデルが先行発売、のちに5.4/6.7インチモデルが登場?
「iPhone 12」 シリーズは10月以降に発売、Appleが正式に認める ー例年に比べ数週間遅れて発売予定

[ img via Ben Geskin(@BenGeskin) ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。