AirPodsの販売を伸ばすため次期iPhoneには有線イヤホンが同梱されず?年末にAirPodsのセールが実施との予測も

Appleは次期iPhoneに有線イヤホン (EarPods) を同梱することを止めるつもりなのかもしれない。

現地時間5月20日、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、次期iPhoneの同梱物に関して言及した。

AirPods販売促進のため、iPhone 12はEarPodsが同梱されず?

Kuo氏は現地時間5月20日に公開した投資家向けレポートで、次期iPhoneとAirPodsに関する見通しを伝えた。同氏の予測では、Appleは次期iPhoneである 「iPhone 12 (仮称)」 シリーズに有線イヤホン (EarPods) を同梱しない方針であるとのこと。

EarPodsを同梱しなくなる理由は、同社の完全ワイヤレスイヤホン 「AirPods」 シリーズの販売を伸ばすため。

現在販売されているiPhone 11iPhone SE(第2世代)にはEarPodsが同梱されており、それをLightningポートに接続することで音楽を聴くことができる。

しかし、AppleとしてはiPhoneユーザーにAirPodsを別途買ってもらいたいと考えているはずだ。AirPodsはワイヤレスであるにも関わらず、iPhoneとのペアリングが簡単。音質もEarPodsと同等かそれ以上。導入することでより快適な音楽体験ができると、Appleはこれまでアピールしてきた。

もしAppleが、AirPodsを発売した2016年からこれまでの期間を “完全ワイヤレスイヤホンへの移行期間” と仮定していたなら、Kuo氏の言うとおりEarPodsの同梱がなくなってもおかしくはないだろう。

EarPodsの同梱が終了すれば、いよいよワイヤレスイヤホンを購入するユーザーが増える。Appleは、その有線から無線へのシフトをAirPodsの商機と考えているのかもしれない。

Kuo氏はAirPodsの2020年の販売予測を従来の8000万台から9300万台に増やしている。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で販売が多少鈍ったものの、生産が需要に追いついたAirPods Proの販売が好調であること、そして今年はホリデーシーズンの販売が復調する予測であることを踏まえて、AirPodsシリーズの販売台数がこれから増えていくことを予測している。

またiPhone 12がリリースする頃には、AirPodsは発売から18ヶ月以上が経過することになるため、いよいよ大規模なセールやキャンペーンが展開される可能性があるとKuo氏は指摘する。具体的なマーケティング展開について同氏はコメントしていないが、全面的に販売する何かしらのキャンペーンをAppleが計画していても何ら不思議ではなさそうだ。

関連記事
AirPods(第3世代)は2021年前半に製造開始。AirPods Proの新型モデルは2021年Q4〜2022年Q1に登場へ
iPhone 12の全ラインナップの仕様が判明 ディスプレイやRAM容量など、価格も明らかに

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。