iPhone 12の全ラインナップの仕様が判明 ディスプレイやRAM容量など、価格も明らかに

今秋に発売を予定している次期iPhoneのフラグシップモデル 「iPhone 12」 および 「iPhone 12 Pro」 のラインナップおよびそれぞれの価格がリークされた。

リーク情報を伝えたのは、著名リーカーJon Prosser氏。自らのYouTubeチャンネルで情報を提供している。同リーカーは先のiPhone SE(第2世代)およびMacBook Pro(2020)の発売日を言い当てた唯一の人物。現時点で最も信頼できるリーカーのひとりだ。

iPhone 12シリーズの価格やストレージ容量が判明か

Jon Prosser氏によれば、AppleはiPhone 12シリーズを全4機種のラインナップで用意しているとのこと。下位モデル (iPhone 12) が5.4インチと6.1インチ、上位モデル (iPhone 12 Pro) が6.1インチと6.7インチの画面を搭載したモデルになるとのこと。

このすべてのモデルに有機ELディスプレイが搭載される予定で、その供給はBOEとSamsungの2社が担当するという。BOEがiPhone 12(下位モデル)、SamsungがiPhone 12 Proを担当する予定だという。

モデル名 画面 リフレッシュレート RAM容量
iPhone 12 5.4インチ
(BOE製)
60Hz 4GB
iPhone 12 Max 6.1インチ
(BOE製)
60Hz 4GB
iPhone 12 Pro 6.1インチ
(Samsung製)
120Hz 6GB
iPhone 12 Pro Max 6.7インチ
(Samsung製)
120Hz 6GB

同じく有機ELディスプレイを搭載することで上位モデルと下位モデルの画面には差がなくなったかと思いきや、Jon Prosser氏によれば上位モデルだけ画面のリフレッシュレートが最大120Hzになるとのこと。いわゆるPro Motionテクノロジーという技術で、iPad Proに先行導入されているものになる。

リフレッシュレートとは1秒間に何回画面の書き換えが行われるかを示す数字で、この数字が大きくなればなるほど画面描写が滑らかになる。同技術が搭載されることで、iPhone 12の上位モデルの画面はより滑らかかなものになる可能性がある。下位モデルには同機能が搭載されないため、上位モデルとの差別化は維持される形だ。さらに色深度も10bitに対応するという情報もあるようだ。

Jon Prosser氏によれば、iPhone 12の下位モデルにはデュアルレンズカメラと4GB RAM、上位モデルにはトリプルレンズカメラと6GBのRAMが搭載されるという。この情報はこれまでの著名アナリストらからもたらされた情報とほぼ一致しているためおそらく間違いはないだろう。RAM容量が増加することで、写真・動画の編集だけでなく普段のブラウジングやメールといった一般的な作業まで現行モデルより快適になる可能性が高い。

同リーカーは、「iPhone 12」 および 「iPhone 12 Pro」 の価格についても情報を投下している。同氏によればiPhone 12シリーズは649ドルから、iPhone 12 Proシリーズは999ドルからになるとの予想だ。

2019 2020
名称 容量 価格(ドル) 名称(仮) 容量 税別価格
iPhone 11 64GB $699 iPhone 12
128GB $749 128GB $649
256GB $849 256GB $749
iPhone 12 Max 128GB $749
256GB $849
iPhone 11 Pro 64GB $999 iPhone 12 Pro 128GB $999
256GB $1,149 256GB $1,099
512GB $1,349 512GB $1,299
iPhone 11 Pro Max 64GB $1,099 iPhone 12 Pro Max 128GB $1,099
256GB $1,249 256GB $1,199
512GB $1,449 512GB $1,399

上位モデルについては、最少ストレージのみiPhone 11 Proからの据置となるが、ストレージ容量の価格が下がってきているためか256GB・512GBモデルに関してはやや値段が下がる模様。

また下位モデルについては、画面サイズが小さくなることもあってiPhone 11から値段が下がるとの予測だ。最も安いiPhoneは先月発売したiPhone SE(第2世代)で変わりはなさそうだが、iPhone 12シリーズもこれまで以上のお手頃価格にはなりそうだ。

関連記事
iPhone 12 Pro、光学3倍・デジタル30倍ズームに対応?120HzのPro Motionディスプレイ採用の可能性
iPhone 12シリーズの価格が判明か。最安モデルはiPhone 11より安くなる可能性

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。