iPhone 12シリーズの価格が判明か。最安モデルはiPhone 11より安くなる可能性

2020年秋に発売が予定されている次期iPhoneこと 「iPhone 12」 シリーズの価格について、著名リーカーJon Prosser(@jon_prosser)氏が独自に入手した情報を提供している。

同リーカーによれば、iPhone 12シリーズのうち最も低価格なモデルは649ドルから、最も高価なモデルは1,099ドルからになるとのことだ。

iPhone 12シリーズの価格が判明?

2020年秋に発売を予定している 「iPhone 12」 シリーズは全4機種とされている。うち2機種はエントリーモデルあるいはミドルクラスモデルとなり、5.4インチと6.1インチの画面を搭載することが予想されているが、Jon Prosser氏によればそれぞれの価格は5.4インチモデルが649ドルから、6.1インチモデルが749ドルからになる予定とのこと。

そしてハイエンドモデルの上位2機種は、6.1インチと6.7インチの画面を搭載する。価格は前者が999ドルから、後者が1,099ドルからとなる予定。

現行モデルと比べると以下のとおりで、上位2機種については価格は据え置きとなる一方で、下位2機種については上位モデルよりは安くなるものの、6.1インチモデルはiPhone 11より高く、5.4インチモデルはiPhone 11より安くなる模様。

  2019 2020
下位モデル iPhone 11 $699〜
(税別74,800円〜)
iPhone 12
(5.4インチ)
$649〜
(約7万円〜)
iPhone 12
(6.1インチ)
$749〜
(約8万円〜)
上位モデル iPhone 11 Pro $999〜
(税別106,800円)
iPhone 12 Pro $999〜
(約10.5万円〜)
iPhone 11 Pro Max $1,099〜
(税別119,800円)
iPhone 12 Pro Max $1,099〜
(約11.6万円〜)

iPhone 11の画面サイズが6.1インチだったことを考えると、次期iPhoneのミドルクラスモデルは “性能の引き上げと引き換えに、わずかに値上がり”と捉えることができるかもしれない。ただし、Appleは5.4インチという少しコンパクトな画面を搭載したモデルを649ドルという比較的お手頃な価格で出すことで、低予算でiPhoneを買いたいユーザーのニーズをしっかりフォローする考えのようだ。

各デバイスの特徴として、Jon Prosser氏はすべてのモデルで有機ELディスプレイを搭載し5Gに対応することを伝えている。

またカメラの構成が異なる可能性があり、下位2機種はデュアルレンズカメラを搭載、上位2機種はトリプルレンズカメラとLiDARセンサーを搭載する予定とも伝えた。

  2019 2020
下位モデル 上位モデル 下位モデル 上位モデル
名称 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
画面 LCD OLED OLED
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
カメラ 2眼 3眼 2眼 3眼+LiDAR
通信 4G 5G
価格 $699〜 $999〜 $1,099〜 $649〜 $749〜 $999〜 $1,099〜

Jon Prosser氏によれば、この情報はiPhone SE(第2世代)の発売日を言い当てた人物からもたらされたものとのことなので、情報の信ぴょう性はかなり高いと考えられる。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響や5Gへの対応の難しさなどから販売スケジュールが例年の9月から1ヶ月程度遅れる可能性が報じられているが、それについてはまだ確定的な情報はない。

関連記事
iPhone 12の量産が1ヶ月延期か。発売が遅れる、もしくは品薄での発売の可能性
iPhone 12の5Gミリ波対応モデル、10月に量産開始か 著名アナリストKuo氏が報告

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。