iPhone 12シリーズ、ToFセンサーが搭載されるのは上位2機種のみか

Appleは今秋発売する 「iPhone 12」 シリーズで、背面カメラにToFセンサーを搭載すると噂されているが、同センサーが搭載されるのは上位の 「iPhone 12 Pro」 と 「iPhone 12 Pro Max」 のみということになりそうだ。9to5Macが、独自入手した 「iOS 14」 のコードから情報を発見している。

ToFセンサーは上位2モデルのみに搭載?

9to5Macによると、iOS 14のコードに 「d5x」 というコード名のiPhoneに関する情報が含まれていたとのこと。このコード名に関して、既存のiPhone 11シリーズは 「d4x」 と識別されることから、「d5x」 は 「iPhone 12」 シリーズを指しているのではないかというのが9to5Macの見解だ。

「iPhone 12」 にはラインナップが複数用意されていると噂されているが、ToFセンサーが含まれているのは上位2モデルのみであることが判明。このことから、ToFセンサーが搭載されるのは 「iPhone 12 Pro」 と 「iPhone 12 Pro Max」 ではないかと9to5Macは分析している。

ToFセンサーは、光の飛行時間を利用して三次元情報を計測する。もし背面カメラにToFセンサーが搭載されれば、15フィート(4.5メートル)程度まで離れた位置でも3Dマッピングできるようになると言われている。ARアプリなどに活用することで、よりリアルなAR体験が可能になるはずだ。

ちなみに、iPhone 12シリーズのToFセンサーについては、Ming-Chi Kuo氏も上位2モデルのみの搭載を予想していた。下位モデルと上位モデルで性能差を設けるという意味でも、上位モデルのみにセンサーが搭載される可能性は高そうだ。

関連記事
2020年発売のiPhoneはToFカメラを背面に搭載へ ディスプレイ内蔵の指紋認証センサー採用は見送りか
iPhone 12シリーズ、基本デザインは全モデル共通。違いは画面サイズとカメラの個数か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。