iPhone 12は120Hz駆動ディスプレイ非搭載に。発売は10月中旬以降になる見通し

今月15日(日本時間16日)に、Appleは新製品発表イベント 「Time flies.」 を開催する予定。同イベントでは新型iPhoneの発表が期待されているが、残念ながら同イベントで発表される可能性は低いようだ。

著名リーカーJon Prosser氏は、「iPhone 12」 シリーズに関するリーク情報についてTwitterで言及。10月中旬以降に新型iPhoneの出荷が開始される計画であることを伝えた。

iPhone 12は10月中旬以降に発売?120Hz駆動ディスプレイは非搭載

この根拠は発売時点でプリインストールされているOSにあるようだ。Jon Prosser氏によると、iPhone 12は 「iOS 14.1」 がインストールされた状態で出荷されるそうだが、この 「iOS 14.1」 は10月9日以降に開発が完了する予定であるとのこと。つまり、同OSの開発が完了する10月9日以降でなければ発売することができないということになる。

この情報を踏まえて、Jon Prosser氏はiPhone 12シリーズが10月中旬以降に発売すると考えているようだ。

また、同リーカーによればiPhone 12にはリフレッシュレート120Hzで駆動するディスプレイは搭載されることはないという。

リフレッシュレートとは
1秒間に何回画面の書き換えが行われるかを示す数字で、この数字が大きくなればなるほど画面描写が滑らかになる。

これまでJon Prosser氏は、何度もiPhone 12が120Hzの駆動に対応する可能性に言及してきたが、最新の情報ではその可能性がなくなってしまったようだ。なぜAppleが同技術の搭載を見送ったのかについては不明だが、やはりバッテリー持ちが悪くなることをAppleは避けたかったのかもしれない。

ちなみにJon Prosser氏によれば、iPhone 12の量産は今週から開始されるとのこと。この情報が事実であれば、やはり発売は10月以降になる可能性が高いことになり、少なくとも9月中に登場することはないだろう。

関連記事
iPhone 12 Pro、120Hzディスプレイの部品出荷問題に直面か。ProMotionディスプレイ非採用の可能性が高い?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。