iPhone 12 Pro Maxのみの5Gフル対応が再び指摘される ミリ波帯サポートは米日韓のみ

今秋、Appleは初の5G対応スマートフォン 「iPhone 12」 シリーズを発売する計画だが、2つある5Gの周波数帯のうち両方をサポートする機種は最上位機種の 「iPhone 12 Pro Max」 に限られる可能性があることが再び指摘されている。

これを指摘するのは米メディアFast Company。現地時間9月3日、同メディアは6.7インチの画面を搭載する 「iPhone 12 Pro Max」 だけサブ6GHz、ミリ波帯の両方をサポートすると伝えた。

iPhone 12 Pro Maxのみ5Gに完全対応か

5Gの電波は大きく分けてミリ波帯と6GHz帯以下(サブ6GHz)の2種類の周波数帯でサービスが提供される。

サブ6GHz帯は広範囲に電波が届きやすいという特徴がある反面、周辺の電波の干渉を受けやすい。対するミリ波帯の電波は直進性が高く広範囲を網羅するにはやや不向きだが、電波干渉を受けることが少なく人口集中エリアなどでの展開に向いているとされている。

この両方の周波数帯が利用できるようになることで、ほとんどの環境でも高速なモバイルデータ通信を利用できることになる。

Fast Companyによれば、「iPhone 12 Pro Max」 だけアンテナデザインが異なるという。ほかのデバイスはサブ6GHz帯のみサポートするのに対して、「iPhone 12 Pro Max」 はミリ波帯もサポートするとのこと。同デバイスには消費電力の多いミリ波をサポートするための大容量バッテリーも搭載される。

しかも、ミリ波帯を利用できる国は米国と韓国、そして日本の3カ国だけだという。ただし著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は以前に上記3カ国に加えてカナダやイギリスでもミリ波帯を利用できるとしていただけに、今回の情報はとても興味深いものになっている。

5Gは日本でもようやく最近になって提供が開始されたばかりだが、まだ提供される地域が限定されていることもあり、「iPhone 12 Pro Max」 が登場してもその恩恵を受けられる機会はそう多くはないだろう。ただし、将来を見据えて購入するのであれば両周波数帯をサポートした端末を入手する方が良いと捉えることができる。果たして、FastCompanyの言うとおり上位モデルのみ5Gのフルサポートになるのだろうか。

ちなみにFastCompanyは、次世代型のiPhone SEが2021年春に登場する可能性も伝えている。

関連記事
iPhone 12の新カラーは 「ダークブルー」 か 台湾メディアDigiTimesが伝える
iPhone 12シリーズは10月後半に発表か。5G対応モデルは11月発売にズレ込む?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。