iPhone 13シリーズはノッチの横幅が小さく?内向きカメラ、スピーカーなど位置が変更に

今年秋に発売予定の次期iPhoneこと 「iPhone 13 (仮称)」 シリーズ。製品デザインは大きく変わらないものと見られているが、画面上部にあるノッチ (切り欠き) 部分については、小型化が予想されている。

これについて国内メディアMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)は、Alibaba Sourcesから、iPhone 13の6.1インチモデルとされる3Dプリントモックを入手。現行iPhone 12 Proと比較し、その違いを紹介している。

iPhone 13、ノッチの横幅が小さくなる?

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によると、このモックアップの特徴として、iPhone 12 Proとノッチの大きさが異なると伝えている。

現行のiPhone 12 Proに搭載されているノッチは横幅34.83mmx縦幅5.30mmとなっているが、モックアップは横幅26.80mmx縦幅5.35mmになっているとのこと。縦幅はわずかに増えるものの、横幅は大幅に小さくなることに。

そして赤外線カメラ、投光イルミネーターについては、もともとスピーカーとマイクが搭載されていた場所に移動するとのこと。スピーカーとマイクは筐体側、つまりノッチの上部に寄せられることになるという。

フロントカメラも、もともとスピーカーとマイクの右側に搭載されていたが、次期モデルでは左側に移されるようだ。

iPhoneのノッチの小型化についてはだいぶ前から噂が上がっており、毎年同じような情報が出てくるが依然として実現には至っていない。

しかし、著名アナリストMing-Chi Kuo氏がノッチの小型化について言及していることも踏まえて、いよいよ今年のiPhoneでそれが実現されるかもしれない。もしこの小型ノッチが導入されれば画面領域が広くなり、より高い没入感が得られると予想されている。

ちなみにMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)によると、背面カメラについては現行モデルからほとんど違いはないとのことだ。

関連記事
iPhone 13、広角カメラの仕様はiPhone 12から変わらずか。iPhone 13 Pro Maxのみ、より明るいレンズにアップグレード?
iPhone 13 Pro、「マットブラック」 「ブロンズ」 カラーがラインナップ?LiDAR活用でポートレート撮影がより綺麗に

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。