iPhone 13の3Dレンダリングがリーク。背面カメラのレンズ配置が斜めに変更

今秋に発売すると噂のiPhone 13は、著名リーカーなどから背面カメラがアップデートされる可能性が指摘されている。しかし、背面カメラは性能だけでなくレンズの配置方法も変更になる可能性がありそうだ。

MySmartPriceが、iPhone 13のものと思われる3Dレンダリングを入手したとして情報を伝えている。

iPhone 13は背面カメラのレンズ配置が斜めに変更か

上記画像がMySmartPriceが公開した3Dレンダリング。6.1インチのディスプレイを搭載した 「iPhone 13」 とみられている。

正面から見ると、ノッチが小さくなっていることに加えて、搭載されているセンサー類の配置方法が現行モデルとは異なることが確認できる。

背面側を確認すると、背面カメラのレンズは現行モデルから変わらずデュアルレンズ仕様であるものの、レンズの並び方が縦に2つ並ぶ方式ではなく斜めに並ぶ方式に変更されていることが分かる。

iPhone 13のカメラレンズが斜めに配置されるという情報が登場するのは今回が初めてで、本当に斜めに配置されるのか、なぜ斜めに配置されるのかなどの詳細は現時点では不明だ。

MySmartPriceの情報は確度が低く、他のリーカーから同じような情報が伝えられていないことを考えると、カメラの配置に関しては参考程度に捉えておいた方が良さそうだ。

関連記事
iPhone 13シリーズはノッチの横幅が小さく?内向きカメラ、スピーカーなど位置が変更に
iPhone 13、広角カメラの仕様はiPhone 12から変わらずか。iPhone 13 Pro Maxのみ、より明るいレンズにアップグレード?

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。