iPhone 13とApple Watch Series 7の特徴まとめ。米著名記者が伝える

今週15日(現地時間14日)、Appleは新製品発表イベント 「California streaming.」 を開催。同イベントの中で新型iPhoneとApple Watchを発表する予定だ。

同イベントで発表される 「iPhone 13」 と 「Apple Watch Series 7」 に関して、米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏が最新レポートを伝えている。

Mark Gurman氏がiPhone 13とApple Watch Series 7の特徴についてまとめる

( image via EverythingApplePro )

Mark Gurman氏は最新レポートの中で、「iPhone 13」 と 「Apple Watch Series 7」 の特徴をまとめた。彼の予想が正しければ、今年のiPhoneとApple Watchは以下のようになるようだ。

iPhone 13シリーズの特徴

  • 全部で4モデル
  • 2モデルはProモデル、2モデルはスタンダードモデル
  • すべてiPhone 12のデザインを踏襲
  • ノッチは小型化
  • カメラ構成はProモデルがトリプルレンズ、スタンダードモデルがデュアルレンズ
  • ポートレートビデオモード、AIを活用した新しいフィルター機能、ProRes形式のサポート(Proモデルのみ)
  • 次世代プロセッサ 「A15」 搭載。A14とコア数は同じだが処理性能は高速
  • ProモデルにLTPOディスプレイ搭載。高リフレッシュレート(120Hz)実現する可能性
  • 緊急通信用の衛星通信機能

Apple Watch Series 7の特徴

  • フラットエッジデザイン採用で筐体刷新
  • 41mm・45mmの2ケースサイズ

  • 画面サイズが大型化

  • さらなるベゼルレス化

  • 新しいウォッチフェイス実装

  • 新しいバンド発売

「iPhone 13」 と 「Apple Watch Series 7」 は昨年のモデルに比べて多くが変更される予定だが、今年、Appleコミュニティの中でより注目されそうなのはApple Watch。姿かたちを大きく変えるだけでなく、既存バンドとの互換性が失われることも予想されている。果たしてこの噂が事実なのか、その答えはまもなく明らかになるだろう。

なお、Mark Gurman氏は 「Apple Watch Series 7」 について健康のための新センサーは搭載されないと伝えている。搭載されるのは 「Apple Watch Series 8」 以降で体温や血圧、血糖値の計測センサーが搭載されると伝えている。

(via 9to5Mac)

関連記事
iPhone 13 miniはバッテリー持ち1時間改善とリーカー伝える。Proモデルは120Hz駆動に対応
Apple、新製品発表イベント「California streaming.」 日本時間9月15日午前2時から開催。新型iPhoneやApple Watchなどが発表へ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。