iPhone 13シリーズのバッテリー容量が判明。iPhone 12シリーズに比べて9〜18%増加

今月24日に発売する 「iPhone 13」 シリーズは、従来よりもバッテリー駆動時間が1.5〜2.5時間以上長くなったと発表されている。

バッテリー駆動時間の増加は、主に内蔵バッテリー容量が増えたことが影響しているとみられているが、iPhone 13シリーズのバッテリーについて、CHEMTRECが資料を公開。具体的なバッテリー容量が判明している。

iPhone 13シリーズのバッテリー容量、先代より9〜18%増加

CHEMTRECの資料によると、iPhone 13シリーズのバッテリー容量は、昨年のiPhone 12シリーズに比べて10%以上増加しているという。

たとえば、iPhone 13のバッテリー容量は12.41Whで、昨年のiPhone 12に比べると約15%増加している。そのほかのモデルのバッテリー容量とiPhone 12シリーズとの比較は以下のとおり。

バッテリー容量の比較
2020年 2021年 前年比
iPhone 12 mini 8.57Wh iPhone 13 mini 9.57Wh 約9%増
iPhone 12 10.78Wh iPhone 13 12.41Wh 約15%増
iPhone 12 Pro 10.78Wh iPhone 13 Pro 11.97Wh 約11%増
iPhone 12 Pro Max 14.13Wh iPhone 13 Pro Max 16.75Wh 約18%増

Appleの発表によると、iPhone 13 miniとiPhone 13は2時間、iPhone 13 Proは5時間、iPhone 12 Pro Maxは8時間、バッテリー駆動時間が伸びている (ビデオ再生時)。やはりiPhone 13のバッテリー持ちの長さには、バッテリー容量の増加が大きく関わっているようだ。

(via 9to5Mac)

関連記事
iPhone 13 全種類の性能・違いを比較。iPhone 13 mini/13/13 Pro/13 Pro Max、オススメはどのモデル?

▶︎ iPhone 13の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。