iPhone 13はTouch IDとFace IDが共存。WSJが最新レポート伝える

2021年秋、Appleは新型iPhoneを発売する計画だ。この新型iPhoneは昨年発売した現行モデル 「iPhone 12」 シリーズと同じデザインを採用すると言われているが、ただし搭載される生体認証については、従来のFace IDだけでなく、多くのユーザーが待ち望む画面内蔵型Touch IDが新たに搭載されることになりそうだ。

現地時間29日、米メディアWSJは次期iPhoneにはFace IDとTouch IDの両方が搭載される可能性があると伝えた。二人の元Appleの従業員が、Appleは画面内指紋認証センサー技術に取り組んでおり、このセンサーとTouch IDをひとつのデバイスに搭載することを検討していると話しているという。

やはり次期iPhoneはFace IDとTouch IDの両方が搭載か

Appleが画面内蔵型の指紋認証センサーに取り組んでいるという話はすでに一部のメディアから伝わっている情報だ。Appleは数年前から同技術に関する研究開発を行い、いくつかの特許も取得している。

さらに一部の著名リーカーや米国の著名記者も似た情報を提供している。これらの情報から、今年発売するiPhoneにはついに画面内蔵型Touch IDが導入される可能性が濃厚になってきているということ。

新型コロナウイルスの猛威にさられていることもあり、外出時にはマスクが必須になっているいま、顔認証センサーだけでは画面のロック解除がスムーズにできず不便とユーザーからは不満の声が上がっている。それらを解消するため、Appleは画面内蔵型指紋認証センサーの搭載に本腰を入れているのかもしれない。

ちなみにiPhone 13シリーズは端末サイズが異なる4つのデバイスが登場するとの噂だが、このうちTouch IDが搭載するのは一部モデルのみで、上位モデルにしか搭載されない可能性を指摘する声もある。

関連記事
Apple、iPhone 13向けに画面内蔵型Touch IDをテスト中。充電ポートの廃止も検討中
iPhone 13試作機にTouch ID搭載モデルが2つ存在か。来年はディスプレイ内蔵と電源ボタン内蔵の2パターンが存在する可能性

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。