iPhone 13の前面ガラスパネルがリーク?ノッチの小型化が特徴

今年秋に発売が予定されている次期iPhoneこと 「iPhone 13 (仮称)」 は、画面上部にあるノッチが小型化されると予想されているが、その情報を裏付けるようなリーク写真が米Apple系メディアMacRumorsによって公開された。

iPhone 13の前面ガラスパネルのリーク写真が公開

上記が、今回公開されたiPhone 13シリーズの前面ガラスパネルを写したとされるリーク写真。ギリシャの修理業者iRepairがMacRumors宛に送ったものだという。

左からiPhone 13 mini、iPhone 13あるいはiPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxのものとみられる(端末名はすべて仮称)。

写真に映るガラスパネルをみると、一見iPhone 12シリーズと同じデザインにも見えるが、よくみると画面上部のノッチ部分のサイズが小さくなっていることがお分かりいただけると思う。電話用の受話スピーカーをノッチ上部のベゼル部分に移動させることでノッチの小型化を実現しているようだ。

ちなみに上記写真は、著名リーカーJon Prosser氏が昨年発売したiPhone 12シリーズでノッチが小型化されると伝えていた際の画像だ。今回リークされた写真のノッチと形状が似ているようにも見える。

iPhoneのノッチの小型化についてはだいぶ前から噂が上がっているものの、依然として実現には至っていない。しかし、著名アナリストMing-Chi Kuo氏がノッチの小型化について言及していることから、いよいよ今年のiPhoneでそれが実現されるかもしれない。もしこの小型ノッチが導入されれば画面領域が広くなり、より高い没入感が得られると予想されている。

このリーク写真が本物なのか、あるいは本物であってもあくまでプロトタイプのひとつでしかないのかは定かではないが、もしノッチが小型化されたならこのような画面デザインになるという予想には使えそうだ。

関連記事
iPhone 13、ディスプレイ内蔵指紋認証センサー搭載の可能性が高まる
iPhone 13 Pro/13 Pro Maxにはセンサーシフト光学式手ぶれ補正を備えた広角レンズ・超広角レンズが搭載か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。