iPhone 13、広角カメラの仕様はiPhone 12から変わらずか。iPhone 13 Pro Maxのみ、より明るいレンズにアップグレード?

今年秋に発売予定の次期iPhoneこと 「iPhone 13」 シリーズ。カメラ性能の向上がアピールポイントのひとつになるとみられているが、広角レンズの性能向上については予想を下回る可能性があるようだ。

著名アナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、iPhone 13シリーズに搭載される広角レンズは、最上位モデルのみ性能が向上し、そのほかのモデルについては現行モデルと変わらない可能性があるという。

iPhone 13 mini/13/13 Pro、広角カメラはiPhone 12シリーズと同じものが搭載

この情報はAppleの未発表製品の情報に定評のあるTF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が公開した投資家向けレポートに記されている。

主に、Appleのサプライチェーン内における情報を伝えたものだが、そのメモによると、iPhone 13シリーズ4機種のうち、iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Proの広角レンズは、昨年のモデル(=iPhone 12)と同じものが搭載されるとのこと。つまり、7枚構成のレンズ(ƒ/1.6絞り値)となること予想される。

ただし最上位モデルとなる 「iPhone 13 Pro Max」 については、わずかに改良された広角レンズが搭載される予定だという。具体的にはレンズ構成は7枚で変わりないものの、絞り値はƒ/1.6→ƒ/1.5に変更されるとのこと。

Kuo氏の情報が正しければ、iPhone 13 Pro Maxはより明るい写真を撮影できるようになったり、シャッタースピードを短くできもっと手ブレを抑えられる可能性が出てくる。ボケ具合も向上するかもしれない。これが事実なら、下位モデルと最上位モデルとの間のカメラ性能差は昨年以上に開くことになりそうだ。

ちなみにKuo氏によれば超広角レンズについては昨年モデルから性能が向上するとのこと。Kuo氏は具体的な情報を伝えていないものの、ほかソースからはiPhone 13の広角レンズの絞り値はƒ/2.4→ƒ/1.8に変更されるほか、センサーシフト光学式手ぶれ補正機能が、iPhone 13 Proシリーズ2機種の広角レンズと超広角レンズに搭載されると報じられている。これらの情報がすべて正しいわけではないだろうが、少なくとも定評のあるKuo氏がもたらした情報については注目しておくべきだろう。

関連記事
iPhone 13 Pro、「マットブラック」 「ブロンズ」 カラーがラインナップ?LiDAR活用でポートレート撮影がより綺麗に
iPhone 13 Pro/13 Pro Maxにはセンサーシフト光学式手ぶれ補正を備えた広角レンズ・超広角レンズが搭載か

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。