iPhone 13、全モデルでノッチ小型化か。著名リーカーが言及

iPhoneの上部にはTrueDepthカメラを内蔵するための画面の切り欠き “ノッチ” が存在する。このノッチはiPhone Xで初めて導入され、現行モデル 「iPhone 11」 シリーズでも継続されて採用されているが、2021年についにノッチの小型化が実現するかもしれない。

iPhoneのノッチ小型化は 「iPhone 13」 でついに実現か

この情報は中国の著名リーカーIce universe氏(@UniverseIce)が伝えたもの。今年発売するiPhone 12シリーズは現行モデルと同じサイズのノッチが採用されるが、来年発売するiPhone 13シリーズでは全モデルでノッチが小型化する可能性があることを指摘している。

小型化されたノッチは、現行モデルのものと比べて横幅は変わりなく、縦幅だけが小さくなる模様。つまりノッチ自体は採用継続されるものの、その存在感はより薄くなるということになる。

ノッチの小型化は、一部のユーザーにとって嬉しい仕様変更と言えるかもしれない。現行のノッチはモデルを重ねるにつれ、かなり多くのユーザーに浸透してきているが、一方でそのデザインについて一部ユーザーから変わらず批判の声も挙がっている。こういった声に対応するため、Appleはノッチの小型化に取り組んでいると噂されていて、早ければ2020年に実現すると伝えられてきた。

しかし、最新の情報では2020年にノッチが小型化する可能性はかなり低そう。あるとしても最もコンパクトな5.4インチモデルのみで導入され、それよりも大きな画面を搭載したモデルについては既存のノッチを導入すると予想されている。

もしIce universe氏の情報が正しいのであれば、来年のiPhoneではついに(iPhone SEを除く)すべての新型モデルで、小型化されたノッチが採用されることになる。ただしIce universe氏の情報精度は最近イマイチであることを考慮すると、今回の情報を鵜呑みにするのはやや危険とも言えるかもしれない。他の有力なリーカー・アナリストから同様の情報がもたらされるまでは参考程度に捉えておくのがベターだろう。

関連記事
iPhone 12の5.4インチモデルのみノッチ小型化。新型iPad Airは電源ボタンにTouch ID内蔵、来年は他デバイスでも採用へ
iPhone 12 Pro Maxの試験機の実機画像が流出か。ノッチサイズはiPhone 11から変わらず?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。