iPhone 13はやはりノッチ小型化か。背面カメラもアップグレードで性能向上

数年前から噂されていたiPhoneのノッチ(画面上部の切り欠き)の小型化は、やはりiPhone 13シリーズで実現することになるのかもしれない。現地時間21日、台湾業界誌DigiTimesがサプライチェーンからの情報としてこの情報を伝えている。

iPhone 13シリーズはノッチが小型化、背面カメラの性能も向上

DigiTimesによると、iPhone 13シリーズは新しいFace IDシステムの採用により、画面上部のノッチが小さくなるという。

ノッチの小型化に関しては、先日も国内メディアのMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)が中国サプライヤーからの情報として伝えていたこともあって、実現する可能性はかなり高くなったと言えるだろう。

さらにDigiTimesは、背面カメラのアップグレードについても伝えている。具体的には、超広角レンズが現行モデルの5Pレンズから6Pレンズになるとのこと。6Pレンズの採用については、昨年11月に著名アナリストのMing-Chi Kuo氏も同様の情報を伝えている。

また、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxに関しては、新しく設計されたCIS(コンタクトイメージセンサー) を搭載し、そのほかのモデルは 「iPhone 12 Pro」 で採用されたCISを搭載するとのこと。

これらの情報が正しければ、プロモデルのカメラ性能向上はもちろん、下位モデルにおいても現行プロモデル(iPhone 12 Pro)と同じくらい綺麗な写真が撮影できるようになりそうだ。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 13シリーズ、全モデルにセンサーシフト光学式手ぶれ補正機能が搭載か

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。