iPhone 13シリーズは “より明るい” 超広角レンズが全モデルで採用か

今年の新型iPhoneこと 「iPhone 13」 は、現行モデル 「iPhone 12」 からのマイナーアップデートに留まる可能性が高い。ただし、カメラ性能については着実に性能が向上する可能性があるようだ。

英金融グループBarclaysのアナリストBlayne Curtis氏とThomas O’Malley氏は投資家向けレポートを公開。同レポートの中で、次期iPhoneシリーズのカメラ性能について言及している。

iPhone 13シリーズは全モデルで超広角カメラがアップグレードか

両アナリストの報告によると、「iPhone 13」 シリーズは全モデルでf/1.8の超広角レンズを搭載すると伝えた。現行のiPhone 12シリーズにはf/2.4のレンズが搭載されていることから、これが事実であれば超広角撮影において明るい写真を撮影できるようになる可能性がある。主に夜間など暗所での撮影に役立つはずだ。

また、iPhone 12 Pro Maxに搭載された望遠レンズ(f/2.2 / 65mm)がiPhone 13 Proにも搭載されるようになるとのこと。これによって、iPhone 13 ProシリーズにおいてもiPhone 12 Pro Maxと同じ綺麗な写真を撮影できるようになるとみられる。

ただし、今回の情報はAppleの未発表製品に関して高い予測精度を誇る著名アナリストMing-Chi Kuo氏の予想とは異なる部分がある。

Ming-Chi Kuo氏は昨年11月の段階で、iPhone 13シリーズはハイエンドモデルのみにf/1.8の超広角レンズ (オートフォーカス付きのf/1.8、6Pレンズ) が搭載されると伝えていた。

対するBlayne Curtis氏とThomas O’Malley氏は、すべてのモデルに搭載されるとしている。どちらの情報が正しいのかは現時点では不明だ。

関連記事
iPhone 13は全4機種のラインナップ。プロモデルは超広角レンズの性能が向上へ
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。