iPhone 13 Pro/13 Pro Maxにはセンサーシフト光学式手ぶれ補正を備えた広角レンズ・超広角レンズが搭載か

今秋に発売予定とされるiPhone 13シリーズのうち、上位モデル2機種の背面カメラにはセンサーシフト光学式手ぶれ補正が搭載されることになりそうだ。台湾Digitimesが伝えている。

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxの広角・超広角レンズにセンサーシフト光学式手ぶれ補正が採用か

センサーシフト光学式手ぶれ補正は、現行モデルではiPhone 12 Pro Maxの広角レンズのみに搭載されている高性能な手ぶれ補正機能。内蔵ジャイロで手ぶれを検知しイメージセンサーを動かすことで光軸を調整する方式を採用したことで、従来の手ぶれ補正機能よりも手ぶれを抑えられることから、美しい一瞬の光景を逃さず撮影することが可能だ。

DigiTimesによると、iPhone 13シリーズでは、センサーシフト光学式手ぶれ補正がiPhone 13 Pro/13 Pro Maxの広角レンズと超広角レンズに搭載されることになるという。また、新しいレンズにはオートフォーカス機能も含まれているとのことだ。

iPhone 13シリーズのセンサーシフト光学式手ぶれ補正機能に関しては、全モデルに採用されるとする情報と、上位モデルのみに採用されるという情報の2つが存在しており、情報が錯綜ぎみ。

今回の情報でDigiTimesはあくまでiPhone 13 Pro/13 Pro Maxのみに言及しており、下位モデルであるiPhone 13/13 miniについては言及していないため、下位モデルにも搭載される可能性があるのかどうかについての詳細は現時点では不明。この点に関してはもう少し詳しい情報が登場するのを待ちたいところだ。

関連記事
「iPhone 13」 シリーズは全モデルにLightningコネクタ、センサーシフト式手ブレ補正機能が搭載か
iPhone 13シリーズ、全モデルにセンサーシフト光学式手ぶれ補正機能が搭載か

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。