「iPhone 13」 全モデルのダミーが公開。先代に比べてカメラが巨大化

Appleが今秋に発売するとみられる 「iPhone 13 (仮称)」 シリーズ。今年は現行 「iPhone 12」 シリーズのマイナーアップデートモデルとして登場する可能性が濃厚とされているが、この 「iPhone 13」 のダミーモデルがリーカーによって公開されている。

リアカメラユニットが大型化、デュアルカメラはレンズ配置が斜めに変更に

このダミーモデルを公開したのはかつての著名リーカーSonny Dickson氏。写真には 「iPhone 13 mini」 「iPhone 13 mini」 「iPhone 13 Pro」 「iPhone 13 Pro Max」 とみられる4つのモデルが写っている。

いずれも、リアカメラユニットが大型化し、位置も端末左上隅に移動していることが確認できる。デュアルカメラを搭載する 「iPhone 13 mini」 「iPhone 13 mini」 はカメラレンズの配置が縦から斜めに変更になるようだ。

また、このダミーモデルを見る限りは、「iPhone 13」 「iPhone 13 mini」 にはやはりLiDARセンサーは搭載されない模様。一部のアナリストは、下位モデルにもLiDARセンサーが搭載されるとの情報を提供していた。

また、ケースメーカーから流出したとみられるレンダリング画像が上記。これをみると画面上部にあるノッチが小型化していることが確認できる。Sonny Dickson氏の公開したこれらの情報が本物かどうかは不明だが、最近のリーク情報はある程度正確に反映されているようであることから、次期モデルを想像するには良い資料であると言えそうだ。(via 9to5Mac)

今年の新型iPhoneについて、これまでの噂をまとめてみる。今年の新型iPhoneは、iPhone 12シリーズから基本設計や基本デザインを引き継ぎつつ、新プロセッサの搭載や一部機能が進化する程度のマイナーアップデートにとどまる可能性が高い。ラインナップは変わらず4モデルで、端末サイズも今のところ変わらない可能性が濃厚だ。

デザインの変化については、全モデルでノッチが小型化するという噂や、iPhone 13 Pro MaxのみLightningポートが廃止されて完全ワイヤレスモデルになるという噂もあったが、後者の噂については今年は実現しない可能性が高い。

名称は 「iPhone 13」 あるいは 「iPhone 12s」 になると言われているが、これまでの経験上、発表されるまでどうなるかは分からない。

関連記事
iPhone 13の3Dレンダリングがリーク。背面カメラのレンズ配置が斜めに変更
iPhone 13のバッテリー容量、先代モデルから最大18%増量か

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。